マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

「電車5分+徒歩15分」「電車15分+徒歩5分」 同じ家賃ならどっちに住む?

2021年9月18日 13:00 マネーポストWEB

通勤時間は同じでも利便性は異なる?(イメージ)
通勤時間は同じでも利便性は異なる?(イメージ)

 コロナ禍により大きく変化したのが通勤への考え方。リモートワークの普及で通勤の必要がなくなったり、通勤の回数が減ったりしたことにより、郊外へ転居する人も増えているというが、逆に都心に引っ越してくる人もいるようだ。働き方だけでなくライフスタイルや価値観によっても、住まい選びのポイントは変わってくる。

 外資系企業に務める都内在住のHさん(50代女性)は、通勤の頻度が下がったことが理由で、都心に転居した一人。Hさんの会社は渋谷。以前の住まいは、電車が15分で駅から徒歩5分。現在の住まいは、電車が5分で駅から徒歩15分。通勤時間は変わらないのに、なぜわざわざ引っ越しをしたのか?

「コロナ以前、毎日会社に行っていた時は、仕事が終わるとそのままオフィスの周辺で遊んだり、買い物をしたりして、最寄り駅に着いたら真っ直ぐ帰る生活でした。仕事で疲れている上、お酒を飲むことも多く、歩くのがイヤだったので、駅からすぐの物件を選びました。

 しかし、リモートワークをするようになると、極端な運動不足になり、歩く必要性を感じました。また、当時の最寄り駅は典型的なベッドタウンだったので、結局都心まで遊びに出かけることになります。それなら駅から遠くてもいいから、都心に近くて駅前が栄えている場所に住もうと思い、引っ越しました」(Hさん)

 勤め人にとって通勤時間は物件選びの重要なファクターとなる。近ければ近いに越したことはないが、当然予算の問題もある。Hさんのように「電車で5分+徒歩15分」と「電車で15分+徒歩5分」で、家賃が同じだった場合、人はどちらを選ぶのか?

「駅からの距離が遠くても良い」という人たち

 契約社員のYさん(30代女性)は、「駅からどれだけ遠くても、会社に近い場所を選ぶ」という。その理由は明快だ。

「私の仕事は時間帯が不規則で、タクシーを使うことが多いのですが、交通費の精算が鬼門です。会社は六本木ですが、世田谷区の端っこに住んでいた時は、タクシーを1回使う度に7000円近くかかるため、月末に交通費を精算する度に、『高いな~』『どこ住んでんだよ』と嫌味を言われていました。それを理由にクビを切られたら困るので、慌てて会社の近くに引っ越しました。都心ではありますが、駅からはすごく遠いので、不便と言えば不便な場所です」(Yさん)

「不動産」関連記事

【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。