マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

配偶者に先立たれた時のために 自宅は生前贈与すべきか、死後に相続すべきか

2021年9月29日 16:00 女性セブン

妻が夫の死後も自宅に住み続ける権利を主張できる「配偶者居住権」
妻が夫の死後も自宅に住み続ける権利を主張できる「配偶者居住権」

 昨年12月、自民・公明両党による税制調査会において「令和3年度税制改正の大綱」が発表された。その中身を見ると、相続税に関する大きな方針が見えてくる。簡単に言うと、貧富の格差を解消するため、富裕層に有利な税制を見直して相続税と贈与税を一体化し、贈与税を実質的に廃止するという方針が明らかにされている。

 こうした流れの中で、今後、すべての財産が相続税の対象になるおそれがある以上、最も大きな財産である「自宅」をどう残すかが、節税のカギを握るのは明白だ。

 配偶者に先立たれたときのため、「自宅」は、生前に贈与しておくべきか、それとも配偶者が亡くなってから相続すべきか──自宅ばかりは、焦って贈与しない方がいいかもしれない。

 ここでは、夫に先立たれた妻のケースを例に説明する。

「妻である」だけで相続税はタダ

 2019年度の相続法改正では、妻にとって有利な制度が増えて話題になった。それまでは、夫が妻に自宅を生前贈与すると、「遺産の前渡し(特別受益)」とみなされ、夫が亡くなってからの遺産分割の対象になるのが原則だった。

 それが相続法改正によって、結婚生活が長い夫婦の場合、贈与された自宅は、相続財産とはみなされず、分割の対象外となったのだ。相続実務士で夢相続代表の曽根恵子さんが解説する。

「これは『おしどり贈与(贈与税の配偶者控除)』といって、20年以上の婚姻期間がある夫婦なら、配偶者に自宅を贈与すると、評価額2000万円までは贈与税がかからない制度です」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。