マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

不機嫌を撒き散らす「フキハラ夫」の生態 放置すれば孤独感を深め凶暴化

2021年10月13日 19:00 女性セブン

イライラを家族にぶつける「フキハラ夫」への対抗策は?(イラスト/サヲリブラウン)
イライラを家族にぶつける「フキハラ夫」への対抗策は?(イラスト/サヲリブラウン)

 外では社交的で感じがいいのに、家ではいつも不機嫌。イライラをわかりやすく家族にぶつける“不機嫌ハラスメント”攻撃が得意で、口癖は「チッ」(舌打ち)──。同じ空間にいるだけでもストレスが溜まって仕方ないが、今、こんな厄介な“モンスター夫”が増えているという。夫がモンスター化する理由とともに、その対処法を紹介する。

おれさまが不機嫌なんだからなぐさめろ

 外にいるときとは態度が違い、家では理由もなく不機嫌で、自分がイライラしていることをあからさまにアピールして、周りに恐怖や不快感を与えることを「不機嫌ハラスメント(フキハラ)」という。

「うちの夫は、典型的なフキハラ・モンスターです。たとえば、車に乗っていて渋滞にハマると“あ~あ、誰のせいでこんな嫌な思いをしているんだろう”と聞こえよがしに言ったり、家でも誰が何をしたわけでもなく、常にイライラしていて、トイレの扉をわざと大きな音で閉めたり、“廊下の電気つけっぱなしにしたの、誰だよ!”と大声で怒鳴ったり……。

 突然不機嫌のスイッチが入るので、触らぬ神に祟りなし状態で放っておいていますが、触らなくても勝手に不機嫌になるので、本当に困っています。5才と7才の息子たちは夫を怖がって近寄りません。夫が家にいるだけで、緊張感が走ります。でも外に出るとにこやかに隣人にあいさつしたりして……。ご近所さんから“素敵なパパね”なんて言われると複雑な気持ちになります」(38才・パート)

 はたからは理由のないように見える不機嫌さだったり、本人にも理由がわからないイライラの背景には、漠然とした不安があると、心理カウンセラーの山脇由貴子さんは言う。

「社会全体が鬱屈とした雰囲気に包まれているいま、こういう“フキハラ夫”は増えています。不安のはけ口を、自分より弱い相手や甘えられる相手にぶつけているのでしょう。こういうタイプは幼い頃、親にかまってほしくて不機嫌になっていた原体験があるケースが多いんです。不機嫌になると母親などから“大丈夫?”などとかまってもらえたのでしょう」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。