マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

駐輪場の自転車が強風で倒れて犬が怪我 治療費請求されたら支払うべき?

2021年10月21日 16:00 女性セブン

 それでも転倒が起きた以上、止め方に問題があったことを推測させます。しかし、強風が吹いて周囲に倒れた自転車が多くあり、駐輪そのものが危険な台風や強風注意報が出されていれば、駐輪が原因の転倒ではなく、過失はなかったと言えます。気象データで参考になる記録があるかもしれません。

 こうした有利な事情がなくても、バーにつながれた犬のリードが絡んで自転車を倒した可能性もあります。あなたの場合、飼い主が犬をつないだ時点まではスタンドが正常に機能していたはずです。したがって過失があったとは言えないように思います。

 しかし、止めた場所が平坦でなく、スタンドだけでは安定性を欠くときは、人やほかの自転車が触れたりして倒れる可能性があり、止め方にも普段以上に注意が必要です。もし安定確保に配慮を欠くと、過失が認められ、治療費の賠償もやむを得ないと解されることもあります。

 しかし、その場合でも犬が駐輪場に入れるような状態でリードをつないだ飼い主は、損害の公平な負担を調整する過失相殺の考えから、治療費全額の負担を要求することは認められないでしょう。目撃者を探したり、現場の状況を確認し、自分の駐輪方法に過失があったかどうかを熟慮して、要求を拒否するか、交渉するか判断してください。

【プロフィール】
竹下正己(たけした・まさみ)/1946年大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年弁護士登録。

※女性セブン2021年10月28日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。