マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

新型「Macbook Pro」フルオプション70万円は高い?Macユーザーの葛藤

2021年10月29日 15:00 マネーポストWEB

1998年に発表されたボンダイブルーの初代iMacの販売価格は衝撃的だった(時事通信フォト)
1998年に発表されたボンダイブルーの初代iMacは衝撃的だった(時事通信フォト)

 一方で、これだけのハイスペックであれば、「むしろコストパフォーマンスはいい」という意見もあるようだ。20年以上アップル製品を愛用しているという40代会社員の男性Cさんは、こう話す。

「1993年か1994年くらいに私が初めて買ったアップルのパソコンは『LC520』というモデルだったんですが、たしか35万円くらいしたと思います。当時はモデムも搭載していなくて、そのままではネットにも繋げないスペックで、ちょっとしたデザインをやったり、文書を作ったりくらいにしか使っていませんでした。それに30万円以上払っていたことを考えれば、新型Macbook Proなんてむしろ安く感じるほど。これだけの性能を備えていれば、フルオプションで70万円というのも納得できます。

 だからといって、このハイスペックを活かせるのは限られた人だけでしょうが、コスパは決して悪くないと思います。私はフルオプションとはいかないものの、14インチモデルの購入を考えています。予算は40万円以内といったところです」(Cさん)

 パソコンはあくまでもツールであり、どんな使い方をするかによって、必要なスペックも変わってくる。超ハイスペックな新型Macbook Proは、使いこなせるかどうかをよく考えてから購入するべきだと言えそうだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。