マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

年間30万円得することも? 家賃、医療費など「申請すればもらえるお金」

2021年11月12日 7:00 週刊ポスト

医療・生活などで申請すればもらえるお金26【2】
医療・生活などで申請すればもらえるお金26【2】

 身内が亡くなり葬祭を行なった場合は、申請すればその費用の一部を支給してもらえる。

「会社員なら協会けんぽなどの健康保険から『埋葬費』として5万円が、国民健康保険加入者や後期高齢者の場合は1万~7万円の『葬祭費』が支給されます」(同前)

 葬祭の翌日から2年たつと「時効」となるから要注意だ。

「生活福祉資金の特例貸付」は間口が広い

 コロナ禍は収束の気配が漂うが、家計はいまだ苦しいまま──そんな人は「コロナ援助」の制度を活用したい。

「生活福祉資金の特例貸付」はコロナで収入が減った人を対象にした制度だが、実は間口が広い。

「総合支援資金として単身者なら月15万円まで、2人以上世帯なら月20万円まで。収入減を証明する書類などは不要で、自己申告で受けられます。期間は3か月以内なので最大60万円まで無担保・無利息で借りられ、最大20万円借りられる緊急小口資金と合わせれば、最大80万円になる」(同前)

 総合支援資金は、一度借りた後でも再び貸付を受けることが可能だ。

「現時点では今年の11月までが受付期限なので、生活に困っている人は忘れず申請したい」(同前)

 そのほか、申請すればお金がもらえる様々なケースを、26の制度とともに別掲表にまとめた。ちりも積もれば山となる。手間を惜しまず申請を重ねよう。

※週刊ポスト2021年11月19・26日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。