マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

真壁昭夫 行動経済学で読み解く金融市場の今

中国の経済失速が本格化 日本経済に忍び寄る「悪いインフレ」の懸念

2021年11月14日 7:00 マネーポストWEB

「経済」よりも「政治」を重視する習近平政権の代償は…(写真/Getty Images)
「経済」よりも「政治」を重視する習近平政権の代償は…(写真/Getty Images)

 人は常に合理的な行動をとるとは限らず、時に説明のつかない行動に出るもの。そんな“ありのままの人間”が動かす経済や金融の実態を読み解くのが「行動経済学」だ。今起きている旬なニュースを切り取り、その背景や人々の心理を、行動経済学の第一人者である法政大学大学院教授・真壁昭夫氏が解説するシリーズ「行動経済学で読み解く金融市場の今」。第31回は、中国経済の先行き不安がもたらす日本経済への影響について分析する。

 * * *
 世界第2位の経済大国である中国が、いよいよ曲がり角を曲がったかもしれない。新型コロナウイルスの感染拡大をいち早く抑え込み、景気回復に舵を切ったかに見えた中国だが、既に景気の減速が懸念されるどころか、失速が現実味を帯びてきた。

 四半期ごとの実質GDP(国内総生産)成長率を見ても、今年7~9月期は前年同期比4.9%と4~6月期の同7.9%より落ち込み、10~12月期は3%台に落ち込む可能性もある。それでも、年間で見ればかろうじて8%台を維持すると見られるが、問題は来年以降だ。既に「来年の成長率は5%台に落ち込む」といった予測もあり、中国が雇用を確保するのに必要とされてきた「8%成長」は途絶える公算が高まっている。

 先日、テレビ番組で共演した元駐中国大使の宮本雄二氏は、「中国は10年に一度くらいの間隔で政治と経済の重みが変わる。現在の習近平政権は政治を優先して経済を軽視する傾向がある。政治が口出しすることで経済の足を引っ張る」といったような発言をされていた。

 かつて毛沢東時代は政治重視で経済を軽視し、「改革開放」に路線を転換したトウ小平時代は政治よりも経済に重きを置いたが、習近平政権は経済を犠牲にしてでも共産党支配を強化する姿勢を強めている。

 その象徴と言えるのが、不動産大手の中国恒大集団の経営危機問題だろう。これまで国内景気の牽引役となってきた不動産バブルをここにきて潰しにきているのは明らかで、おそらく恒大集団はこの先、事実上の破綻に追い込まれる可能性が高い。

 また中国は、深刻化する大気汚染など公害問題に対応するため、地方都市が電力不足に陥ろうとも、石炭火力発電を減らすことに躍起になっている。中国は「脱炭素」に本腰を入れ始め、ひとまず代替エネルギーとしてLNG(液化天然ガス)を買い漁り、いまや日本を抜いて最大の輸入国になっている。日本にとっては、中国の買い占めに加えて円安も重なるため、LNGが思うように買えない状況だ。さらに、新型コロナウイルスの感染再拡大も懸念されており、ほぼ右肩上がりが続いてきた中国経済もいよいよ大きな曲がり角を迎えていると見られるのだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。