マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

中川淳一郎のビールと仕事がある幸せ

選挙で儲かる人々 広告代理店、リース会社の「特需」とは?

2021年11月13日 16:00 マネーポストWEB

選挙の裏でどんなお金が動いているのか?(時事通信フォト)
選挙の裏でどんなお金が動いているのか?(時事通信フォト)

 選挙があると、お金が動く──。特に突然の解散総選挙になると、「特需」が生まれる業界もあるようだが、いったいどんな業界がその恩恵に預かっているのか。広告会社出身で、過去に選挙関連の仕事にも携わった経験があるネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、選挙の裏側を明かす。

 * * *
 衆議院の解散総選挙に限らず、参議院選挙でもそうですが、必要不可欠なのが広告代理店です。自民党は電通、立憲民主党は博報堂……、といった形で担当の会社が存在し、CM撮影、ウェブサイト制作、新聞等の広告制作、屋外広告など、ありとあらゆる分野での広報・広告活動を任されます。

 ここでかなりの金額が動くわけですが、参議院選挙の場合は日程が分かっているだけに、随分と前からの準備が可能です。しかし、衆議院選挙の場合、突然「ヨーイドン」と開始することがあるため、そこから先が大変です。

 10月31日に投開票した衆議院選挙の場合は、そもそも衆議院の任期が10月21日に迫っていたため、前もって準備できていた面はあるかと思います。しかし、解散が急遽決まるような場合は、広告代理店も大騒ぎです。そこから慌てて広告枠を押さえに走ったり、突貫で各種制作物を作ることになるからです。

 しかし解散が急遽決まった場合は、仕事が大変になる一方で、より多くのお金が動く面もあります。いわゆる「特急料金」というものがあるのです。たとえばCMの枠にしても、テレビ局はある程度“急に用意できる枠”を準備はしていて、こうした枠は通常の枠よりも高く売れます。制作をするにしても、急遽撮影スタジオを抑えたり、人員を手配したり深夜でも稼働させたりするなど、普段よりも高く請求されるものなのです。

 広告主である政党としても、ここで別の業者を見つけるほどの余裕はない。万全の態勢で選挙に臨むためには、多少高くても飲まざるを得ない。さらには「解散総選挙は頻繁にやってもらった方が我々としては有難い。2012年の解散総選挙の次はたった2年先だったのであの時は『特需』だった」(広告代理店営業)との声もありました。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。