マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

旅行業界ガリバーJTBの窮地 「Go To」では“戦犯”扱い、東京五輪も逆風に

2021年9月30日 7:00 週刊ポスト

旅行業界に「Go Toトラベル」の恩恵は少なく、期待していた東京五輪も逆風に…(写真/共同通信社)
旅行業界に「Go Toトラベル」の恩恵は少なく、期待していた東京五輪も逆風に…(写真/共同通信社)

 就活人気ランキング1位、全国店舗数約900店……。かつて日本の観光業を牽引した旅行会社最大手のJTBがコロナ禍で苦境に立たされている。

 2021年3月期の連結決算は、売上高が1兆2886億円だった前年から71.1%減の3721億円に激減し、最終損益は過去最大となる1051億円の赤字に。部門別に見ると、国内旅行が前年比66.4%減、海外旅行にいたっては前年比94.9%減という惨憺たる数字だった。借入金も過去最多の1076億円にのぼっている。

 コロナ禍にあっては政治の動きにも翻弄された。昨年7月に菅義偉・官房長官(当時)と二階俊博・幹事長の肝煎り政策としてスタートしたのが国内旅行代金の最大50%が補助される「Go Toトラベル」だったが、その恩恵も、ごく一時的なものだった。

「観光庁から旅行会社に割り当てられた給付金枠は2019年の国内旅行取扱額をベースに配分されたため、JTBへの配分枠が一番多かった。瞬間的ではありましたが、追い風になったことは間違いありません」(航空・旅行アナリストの鳥海高太朗氏)

 しかし、「Go Toトラベル」が感染の再拡大につながるなどの批判を受け、政府の方針は二転三転。昨年12月には一時停止に追い込まれた。むしろ、「旅行業界」そのものが感染拡大の“戦犯”扱いをされる結果となった印象も強い。

「コロナに打ち勝った証」(当時の安倍晋三首相)となるはずだった今夏の東京五輪も、直前になって無観客に決定。旅行業界にとってはチャンスどころか大きな逆風になった。

「JTBは業界最大手かつ東京五輪・パラリンピックのオフィシャルパートナーとして、大きな特需、利益を見込んでいた。ところが無観客となったため、チケット付きツアー代金は払い戻しを余儀なくされた。そのうえキャンセル料や事務経費などが、旅行会社の負担になるケースもある。総額は不明ですが、相当額の損失が発生した可能性が高い」(前出・鳥海氏)

 元社長の舩山龍二氏(社長在任期間:1996~2002年)は、政府の対応を複雑な思いで見つめているようだ。

「僕が現職の社長だったら政府に対して少し何かを言うでしょうね」と苦い表情を浮かべ、コロナ対策についてはこう述べた。

「日本政府は経済を動かすための具体的な政策は何もやっていないわけですよね。アメリカなんかはワクチンを打った後は経済をなんとかしようとやっていますけど、日本の場合は非常に慎重。もちろんその理由も分からないわけではないですが、それにしても非常に論理的じゃないと感じています」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。