マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

アパート住民が家賃100万円滞納のまま退去 どうやって回収すべきか

2021年11月18日 15:00 女性セブン

 首尾よく支払督促が得られても、元住人の財産がわからなければ強制執行の申し立てはできません。金融機関の預金の有無を調査できる裁判所の手続きもありますが、専門家でないと難しいと思います。

 元住人の月給を差し押さえて、その4分の1ずつを100万円に達するまで取り立てる方法もありますが、勤務先がわからなければ不可能です。

 元住人に財産がなければ、裁判所の力を借りても回収できません。ない袖は振れないということです。

 契約時に敷金を預かったり、保証人をつけるなどの自衛策を講じるほか、勤務先を確認し、緊急連絡先として親きょうだい等近親者の住所を申告させるなどの対策が必要です。

 私が扱った案件の似たようなケースで、住人の居所がわからず、やむなく契約時に申告された連絡先である親元に、本人宛ての滞納金の請求書を送ったところ、親が恐縮して支払ってくれた経験があります。情報収集は必要なことですから、本人の電話以外に連絡がつきそうなところを探し、対策を講じてください。

【プロフィール】
竹下正己(たけした・まさみ)/1946年大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年弁護士登録。

※女性セブン2021年11月25日号

「不動産」関連記事

【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。