家計

ミニサイズか長財布か…意外と難しい「キャッシュレス時代の財布選び」

長財布の収納力の高さがアダになり…

スマホケースにお札を入れるスタイルも

スマホケースにお札を入れるスタイルも

 一方で、長財布にして失敗したと感じた人もいる。フリーランスデザイナーのBさん(20代男性)はもともと2つ折りの財布を使っていたが、長財布にすることになった。

「誕生日プレゼントに彼女から長財布をもらいました。彼女曰く、『長財布で金運があがるから、フリーランスの1人社長にはぴったり』とのことでした。理由はともかく、使わないと悪いですし、物は試しと人生初の長財布に挑戦しました」(Bさん)

 実際に使ってみると、iPad miniを持ち歩くために買ったサコッシュにギリギリ収まったので、外出時はそこまで不便を感じることはなかった

「もともとキャッシュレスと現金が半々なので、財布を持ち歩いてはいました。ただ長財布だと2つ折りの財布のようにはポケットに収まらないので、サコッシュに入れることに。大きい財布は収納力があるのが魅力的でした」(Bさん)

 だが、その収納力がアダになったという。どういうことなのか。

「2つ折りの財布を使っていた時は、こまめに中身を整理していました。いるorいらないでポイントカード類の更新もしていましたし、中でも小銭を溜めこまないように、できる限り使っていました。でも、長財布になると、収納力があるために、小銭やポイントカード、領収書などがどんどん溜まっていって、パンパンになることが増えてしまったんです。結局別に小銭入れを持ち歩き、長財布はカード&領収書入れと決めて、少しでも長財布をスリムにしようとしています」(Bさん)

 納得いく財布に出会えない人もいる。IT企業に勤務するCさん(30代男性)は、運命の財布を探している最中だ。

「決済はほぼスマホなのですが、現金をまったく持ち歩かないわけにもいかない。といって、使用頻度の低い財布にあまりお金をかけたくないんです。100円ショップで買った中身が見えるケースや名刺入れ、ペンケースで代用したこともあります。最近はスマホケースの裏にお札を入れておくスタイルにしてみたんですが、小銭が発生した時に邪魔すぎました(笑)。はっきり言って迷走しています」(Cさん)

 ライフスタイルや使用用途によって、最適な財布は人それぞれ。自分の生活習慣を考えながら、慎重に見極めたい。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。