マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

貯めたいなら長財布より「ミニ財布」か 中身を最小限に絞って支出管理

2021年8月22日 11:00 女性セブン

「長財布」と「ミニ財布」ではお金の管理も変わってくる?(イメージ。Getty Images)
「長財布」と「ミニ財布」ではお金の管理も変わってくる?(イメージ。Getty Images)

 コロナ禍で2度目の夏休み。感染不安はもとより、収入が減少したり、自粛生活で家計のやりくりが難しくなったりして、一昨年までのように夏を楽しむ余裕はなかった。

 明治安田生命が8月3日に発表したアンケート結果によると、「今年の夏休みの予算」の世帯平均が、2006年の調査以来最低の5万3807円になった。「予算を減らす」と答えた家庭の53.3%が、コロナ禍による経済的な不安を理由にしている。

 例年以上に家計のやりくりに力を入れていても、なかなかお金が貯まらず、不安がなくならないのだとしたら、節約や貯蓄以前の「初期設定」から間違っているのかもしれない。まずは一念発起して、「お金の基本のキ」から見直してみてはいかがだろうか。

カードを整理して「小さい財布」に

 第一歩は、「貯まる財布」づくりから。もしあなたが長財布を愛用しているなら、折り畳みのミニ財布に乗り換えてみてはいかがだろうか。というのも、貯められる体質に生まれ変わるには、「小さい財布」がマストアイテムと言われるだからだ。

 消費生活アドバイザーでファイナンシャルプランナーの丸山晴美さんが言う。

「小さい財布なら、必然的に持ち歩く現金が少なくなり、衝動的な使いすぎを防ぐことができます。スマホやクレジットカードがあればキャッシュレス決済ができるので、“現金は予備”と捉え、財布に入れる金額はできるだけ少額に」

 とはいえ、使いすぎたり、管理できなくなったりしないよう、持ち歩くクレジットカードは多くても2枚までにとどめてほしい。ポイントカードはいつも行く店のものだけに絞ることで、会計時にポイントカードを出し忘れるのを防ぐことができ、財布の管理もラクになる。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。