マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

業績好調の不二家 高付加価値ケーキ、若者支持の菓子ヒットに見る新戦略

2021年11月25日 7:00 週刊ポスト

不二家の競争力はどこに?(写真は昨年発売で、今も生産が追いつかない「チョコまみれ」)
不二家の競争力はどこに?(写真は昨年発売で、今も生産が追いつかない「チョコまみれ」)

 製菓と洋菓子を二本柱とする不二家は1910年創業の老舗。長い歴史ゆえ、不二家の購入層といえばファミリーやシニア層という印象が強かった。だが、コロナ禍で巣ごもり消費が急増した中で、若年層の開拓にも成功しているという。どんな戦略を打ち出しているのか、河村宣行・社長(66)に訊いた。

──平成元年(1989年)当時は何をされていましたか。

河村:1989年当時は商品企画を担当していました。バブル真っ盛りの華やかな時代だけに消費者も移り気で、ライバル社と競うように新商品を投入していました。

 そんな中、私も関わったスナックチョコの「アメリカンバー」(1988年発売)は、当時の大人気アイドルグループ・GENJIさんをテレビCMに起用したところ、飛ぶように売れましたね。

──その後、2007年に期限切れ原材料使用に端を発する一連の問題で不二家は窮地に陥ります。河村さんは当時、広報対応の責任者として批判の矢面に立ちました。

河村:前年の9月に製菓事業の営業部長から人事総務部長に異動していたのですが、当時は総務セクションの中に広報担当を1人置いている程度でした。ところが年明けの1月に問題が発覚すると取材が殺到し、広報経験が全くなかった私はメディア対応に苦労しましたね。

 そのさなか、食品の安全・安心を確保するための技術的な仕組みを山崎製パンさんから提供していただきました。また、当社は一連の問題で資金的な面でも追い込まれていましたので資本面でも助けていただき、ヤマザキグループの一員となって今に至っています。

──今年、山崎製パンのテレビCMに登場している女優の酒井美紀さんを社外取締役に迎えました。

河村:昨年、当社のイメージキャラクターである「ペコちゃん」誕生70周年という節目にあたり、どなたかにアンバサダーを務めていただこうという話になり、(山崎製パン最高顧問の)山田(憲典)会長を通じてお願いし、ご快諾いただいたという経緯です。

 酒井さんは世界の子供たちを支援する社会貢献活動に熱心ですが、我々も「ペコちゃん」を通じて保育園や児童施設を巡回する活動を続けています。ご多忙な中でも酒井さんには取締役会に毎回ご出席いただき、外部の方ならではの発想も頂戴しています。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。