マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

新NISA登場、つみたてNISA延長、ジュニアNISA廃止で何が変わる?

2021年12月19日 19:00 女性セブン

2024年から始まる「新NISA」の仕組み
2024年から始まる「新NISA」の仕組み

 もはや銀行預金の金利は雀の涙にすらならず、老後資金としてはあまりにも心もとない。やはり、資金を積極的に増やすには投資が有効だ。「投資はお金持ちがやることで、元手の少ない庶民には手が届かない……」というのは大きな誤解。2014年からスタートした「NISA(少額投資非課税制度)」なら少額から投資に挑戦できるうえ、投資で得た利益は非課税になる。

 NISAには、年間120万円までの投資が5年間非課税で運用できる「一般NISA」と、年間40万円までの投資が20年間非課税で運用できる「つみたてNISA」などがある。そして、2024年から始まるのが、この2つを合体させたようなイメージの「新NISA」だ。ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんが話す。

「『つみたてNISA』は、金融庁が定めた条件を満たした低コストな投資信託が対象で、投資初心者におすすめです。一方『一般NISA』はリスクの高い個別株なども対象なので、積極的な運用に向いているとされています。

『新NISA』は、つみたてNISAの対象商品を年間20万円まで運用できる“1階部分”と、一部の商品を除き、一般NISAのように運用できる“2階部分”を組み合わせたイメージです。“1階部分”を利用せずに、“2階部分”のみを利用することもできます。年間102万円まで、個別株などの商品を5年間非課税で運用できます」(風呂内さん・以下同)

 NISAの変更点はそれだけではない。つみたてNISAについては、新規の投資ができるのは2037年までだったが、制度改正によって5年間延長された。つまり、2042年まで、新たにお金を積み立てることができるようになったのだ。2022年のうちに始めておけば、2042年までの21年間運用できることになる。

「年間40万円ずつ21年間運用できるので、合計で最大840万円分、非課税で運用できます。新規の投資は2042年までしかできませんが、その年に投資した分はその後20年間非課税で置いておくことができます。例えば、2042年に投資した分は、2061年まで非課税で運用を続けることが可能です」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。