マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

【年金】4月から「10年繰り下げ受給」も可能に 健康寿命を考慮して判断を

2022年1月16日 16:00 女性セブン

繰り上げ・繰り下げ受給による年金額の増減率をシミュレーション
繰り上げ・繰り下げ受給による年金額の増減率をシミュレーション

夫婦の受給額が最大40万5000円に

 やっぱり、定年しても働かないといけないのか……と、落胆するなかれ。同じく2022年4月からは、年金の受給を遅らせる「繰り下げ」の上限が、70才から75才になる。年金は受給開始を遅らせれば遅らせるほど、受け取れる年金額が増えていく仕組みになっており、75才までめいっぱい繰り下げると、なんと184%に増えるのだ。

「満額の基礎年金(月々12万円弱)に厚生年金もプラスされると想定すると、標準的な夫婦で月々40万5000円ほどになります」(北村さん・以下同)

 ただし、繰り下げれば繰り下げるほど、年金を受け取れる期間は当然短くなる。「せっかく年金を増やしたのに認知症になってしまっていた」などとならないよう、受給開始時期は慎重に見極めるべきだ。

「繰り下げ時期の目安は、自立して生活できる健康寿命がいいでしょう。受給開始を早めた際の減額率も縮小されるので『繰り上げ』もしやすくなります。“まだ働いている夫は繰り上げ、専業主婦の妻は繰り下げ”など、健康寿命や家計の状況を考えて、夫婦で計画してください」

 それでも老後資金が不安なら、「個人型確定拠出年金(iDeCo)」に加入するのも一手。ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんが言う。

「iDeCoは、掛け金を払っている間は所得控除が使えます。運用益が非課税になり、受け取るときも一時金なら退職所得控除が使えるので節税になる。高齢でも加入するメリットは充分にあります」

 何があるかわからないからこそ、賢く備えよう。

文/入江一 取材/小山内麗香

※女性セブン2022年1月20・27日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。