マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

トヨタ後継者問題 章男社長の長男は「次の次」、中継ぎは外国人幹部か

2022年2月22日 7:00 週刊ポスト

今年で在任13年目を迎えるトヨタの豊田章男社長(時事通信フォト)
今年で在任13年目を迎えるトヨタの豊田章男社長(時事通信フォト)

 2021年4~12月期連結決算が、売上高・純利益ともに過去最高だったトヨタ自動車。昨年末にはEV(電気自動車)などの電動化に、2030年までに計8兆円もの巨額投資を実施すると発表したことで、5年後、10年後に注目が集まっている。

 舵取りをしてきた創業家の豊田章男社長は、今年で在任13年目。3期目となった日本自動車工業会の会長任期が2024年5月に終わることもあり、「次」を選ぶタイミングは遠くないとみられている。

 経済ジャーナリストの片山修氏は「トヨタは世襲で成功している数少ない企業」と語るが、これまで“中継ぎ”としてサラリーマン社長の時期も短くなかった。

 父・章一郎氏の退任から章男氏就任まで奥田碩氏や張富士夫氏ら3人の“中継ぎ”がいた。そうしたなかで、識者らの見解が一致したのは「次の次」が章男氏の長男・豊田大輔氏だという点だ。

「今回もトヨタは“中継ぎ”の育成に動いています。3~4年前から、大輔氏が就任するまでの社長候補を50人ほど挙げて、厳しく鍛えており、かなり絞り込まれているようです」(片山氏)

 報道などで本命とみられてきたのが、ジェームス・カフナー氏。大輔氏が副社長を務める子会社ウーブン・プラネット・ホールディングスのCEOを務める。

「ウーブン社は、モビリティカンパニー(自動車を作るだけでなく、「移動」に関するあらゆるサービスを提供する企業のこと)への変革を目指すトヨタの中心的存在。富士山麓で進める未来型実験都市『ウーブン・シティ』事業や車載ソフトウェアの研究開発を進めている」(経済ジャーナリストの福田俊之氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。