マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

月100万円以上使う20代女性も 「ホストに貢ぐ女性たち」の“推し活”感覚

2022年3月5日 19:00 週刊ポスト

ホストクラブにお金を使うイマドキ女性たちの心理とは(イメージ)
ホストクラブにお金を使うイマドキ女性たちの心理とは(イメージ)

 コロナ禍で「夜の町の壊滅」がささやかれる一方、2021年には、歌舞伎町歴代最高記録である年間5億2000万円の売上を記録したホストが登場した。1億円プレイヤーのホストはほかにも続々と現れている。空前のホストバブルを支えるのは、従来のような疑似恋愛というよりも「ファンとアイドルの関係性」を求める若い女性客たち。15歳から歌舞伎町に通うライターの佐々木チワワ氏がレポートした。【全3回の第2回。第1回を読む】

 * * *
「SNS上のインフルエンサーを、カッコイイ! と思ってフォローしたんですよ。そしたらDM(ダイレクトメッセージ)が来て。ヤバ! 推しからDMが来た! とか思ってたら彼がホストを始めて。そのままアタシも店に行くようになり、今じゃすっかり、ホストに夢中です。推しに会いに行くのに、コロナも何も関係ない」

 そう語るのは大学を秋に中退し、現在風俗で働いてホスト代を稼いでいるというミコ(仮名・20)だ。彼女の言う“推し”とは主に、直接的なコミュニケーションをとらず一方的に好意を寄せるアイドルなどを対象に使われてきた言葉だ。

「もともとジャニーズが好きで、アイドルに貢ぐのに抵抗はなかったんです。それがSNS上では、かっこいいって思ってた人と実際に連絡できて、会えて。普通のアイドルじゃありえない。ホスト始めるって聞いて応援したくなって。やっぱ推しにはキラキラしていてほしいし。アタシが好きな推しが売れてないとかありえないんで」(ミコ)

 今では月100万円以上使う時もあるという。

「大学の友達とか、ぶっちゃけ話が合わないんですよ。普通に恋愛してる人とか。そういう話聞いてる時間あったら働いて推しにお金を使いたいし。もともとやりたいことがあったわけでもないので、大学はやめちゃいました。今は同じように推しのために風俗をしている友達と話すばっかりですね。時折何してるんだろうって怖くなるけど、以前の退屈な生活に戻る気はないです」(同前)

 取材を進めるうちに、若者たちのなかでは普通の恋愛をする者と、恋愛よりも「推し活」に力を入れる者とで二分される傾向があることが判明した。推し活をする女子同士でつるみ、推しへの愛を語り合う。恋愛はコスパが悪い。そんな意識が垣間見えた。

「相手はホストで、あくまで推しのアイドルっていう体裁があるから、“ガチ恋”に至らずとどまっている気がします」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。