マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

20年後の日本の医療制度はこうなる 90歳でも3割負担、医療格差も鮮明に

2022年4月28日 6:00 週刊ポスト

20年後の日本の医療制度はどうなっているのか(イメージ)
20年後の日本の医療制度はどうなっているのか(イメージ)

 長寿化が進み、最近では「人生120年時代」の到来を予測する専門家もいる。そのように語られる根幹には、医療の進歩がある。日本人の死因第1位のがんも新たな治療法が開発され「治る病気」に変わりつつある。万人に訪れるはずの「老化」も、アンチエイジング医療の進歩で克服できるとの説が語られ始めた。

 だが、医療ガバナンス研究所理事長の上昌広医師は、「その恩恵を受けられるのは一部の富裕層だけだ」と指摘する。

 今年10月から、75歳以上の後期高齢者の医療費自己負担割合が変更され、「一定の所得がある人」(年金などの収入合計が単身で年200万円以上または夫婦で320万円以上の人。世帯の状況により異なる)は医療機関窓口での負担が1割から2割に上がる。倍額の負担となるため、向こう3年間は外来診療での負担増加額を月3000円までとし、超えた分は払い戻される緩和措置が導入されるという。

 だが上氏は、65歳以上の人口がピークを迎える20年後には「所得に関係なく、すべての世代で3割負担になる」と予測する。つまり今1割負担の75歳の人はより身体が衰える95歳になる頃には、今の3倍の負担になるということだ。

 さらに、もう1つ“大きな問題”が生じる恐れがあるという。

「逼迫する財源を確保するために、負担額だけでなく『免責事項』となる医療行為をどんどん増やしていくと思われます。副作用が少なく効果が高い先端医療は高齢者向けと言えますが、それらについて、『まだ有効性や安全性が確認されない』などと理由をつけて保険適用せず、全額自己負担にするという意味です」(上氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。