マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

すしざんまい木村清社長 バブル崩壊のどん底からの再起を促した“友の助け”

2022年4月29日 7:00 女性セブン

すしざんまいの木村清社長(中央)はどん底からどう再起したのか(写真は2019年の初競り)
すしざんまいの木村清社長(中央)はどん底からどう再起したのか(写真は2019年の初競り)

 お金に関することで大きな壁にぶつかったとき、どんな努力や工夫で乗り越えればいいのだろうか──。全国に56店舗を展開する寿司店「すしざんまい」を運営する株式会社喜代村の代表取締役社長の木村清さん(70才)。木村さんといえば、マグロの初競りでその名を知る人も多いが、“日本初の24時間・年中無休”という業界の常識を打ち破った寿司店の創業者でもある。

「もっと多くの人から喜ばれることがないか、既存のルールに囚われず、常に“サムシング・ニュー”を考えています。そういう好奇心の先に新しい発想が生まれる。まさに、ドラえもんのポケットです!」と、木村さんは豪快に笑う。

 戦闘機のパイロットに憧れ、中学卒業後に航空自衛隊に入隊するも、事故で目を悪くし、22才で退官。その後、司法試験への挑戦を決意する。

「学費を稼ぐため水産会社に勤務したのですが、決まった商品を売るだけではどうも満足できなくて。『どうしたらより売れるか、人に喜んでもらえるか』、常にアイデアが浮かんでは試行錯誤する毎日でした。とうとう会社から『お前は何でもやりすぎだ。うちは冷凍食品を売ればいいんだ』と怒られました(笑い)」(木村さん・以下同)

“新しいことに挑戦し、人に喜ばれる”商売に魅力を感じ、27才で木村商店を設立した。

「水産会社での経験や人脈を駆使して魚介類の仕入れや卸売り、本マグロの扱いを始めたのはこの頃。一年中おいしいマグロが食べられるよう世界中を回り、時季ごとにいいマグロを入手できるルートを確立。さらに天然の生け簀でマグロを育て、資源を保護しながら安定供給する備蓄システムを構築しました。『マグロを生け簀で飼うなんて不可能だ』と言われましたが、まずは行動してみること。前例がないからと諦めてはダメなんです」

 手がけた事業は90以上に及ぶ。ところが……。

「商売は順調でしたが、バブルの崩壊で銀行に裏切られ、突如借入金の一括返済を迫られたため、これまでの事業を縮小したり友人に譲ったりするなどし、借金を返しました」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。