マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

世界一の経営者イーロン・マスク氏の横顔 日本では育たない「徹底的な変人」

2022年5月2日 7:00 週刊ポスト

日本に生まれていたら成功していなかった?(イーロン・マスク氏。写真/AFP=時事)
日本に生まれていたら成功していなかった?(イーロン・マスク氏。写真/AFP=時事)

 ツイッター社を440億ドル(5兆6000億円)で買収するなど大きな話題を振りまいているのが、米電気自動車テスラCEOのイーロン・マスク氏。2022年版の世界長者番付で2190億ドル(約27兆円)で初の1位に輝いた「世界一の経営者」だが、これまで自分が語る“夢“を現実のものとし続けてきた実績がある。

 マスク氏の“推進力”について、2014年に同氏を取材したことがあるジャーナリスト・大西康之氏はこう話す。

「マスク氏の強さは、本人が自分の成功を確信しているということです。失敗の可能性を考えないし、空気も全く読まない。自分の頭の中でいけると判断したらとにかくいく。

 彼が電気自動車を開発すると言った時、ほとんどの人が『ベンチャー企業で車の量産なんて無理だ』と呆れた。ところが、実際に年間100万台の量産を実現させてしまった。その過程は全然平坦ではなく、何度も失敗しているし、何度も嘘つきだと言われてきた。

(宇宙ロケット開発会社の)スペースXにしても、『有人飛行はベンチャーではなくNASAの仕事でしょ』と多くの人が思っていたのに、実現させた。ここまで実績を積んでくると、“ただの変人ではないな”となる」

 世界を驚かせたのは、ロケット開発や電気自動車だけではない。

 自宅から職場までの渋滞に悩まされていたマスク氏は、道路の下にトンネルを掘るというアイデアを思いつく。2013年に、チューブ内を乗り物が最高時速1220kmで走る超高速鉄道「ハイパーループ」を考案し、理論上可能であることを明らかにした。これを機に航空機に代わる次世代交通手段として研究・開発が進められるようになった。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。