マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

家賃も節約「軽量鉄骨造」物件の住み心地 気になる防音性は間取り次第か

2022年5月10日 15:00 マネーポストWEB

「軽量鉄骨造」物件を選ぶ際は間取りに注目(イメージ)
「軽量鉄骨造」物件を選ぶ際は間取りに注目(イメージ)

 引っ越し時の物件探しでは、大きなポイントとなるのが家賃。予算に合わせて、立地や広さ、間取りなどを取捨選択して、自分が納得できる物件を探したい。そうした際のポイントのひとつとなるのが、建物の構造だ。

 たとえば、「軽量鉄骨造」の物件は、鉄筋コンクリート造の物件と比べると、家賃が安くなるケースは多いだろう。では、その住み心地はどのようなものなのか。実際に軽量鉄骨造の物件に住んでいる人たちに聞いた。

防音性が気にならない間取りに満足

 憧れの街に住むために軽量鉄骨造を選択したというのは、IT企業に勤務する20代女性・Aさん。当初は鉄筋コンクリート造の物件を探していた。

「以前は鉄筋コンクリート造の物件に住んでいたので、次の物件もそうしようと思っていました。でも、私の住みたい街では予算内では厳しかった。あきらめて隣駅にしようと思っていた時に見つけたのが軽量鉄骨造の物件でした。同じくらいの広さなのに、鉄筋コンクリート造と比べて約2万~3万円くらい家賃が違って、びっくりしました」(Aさん)

 そんな発見をしたAさんだが、物件を探しているうちに予算内の鉄筋コンクリート造の物件を見つけてしまい、難しい選択に迫られたという。だが、軽量鉄骨造の物件を選んだのは、家賃の割に設備が充実していた点だった。

「築年数が古くて設備がイマイチな鉄筋コンクリート造の物件か、築浅で設備が充実した軽量鉄骨造の物件。どちらも家賃の価格帯は一緒で悩みました。最終的には、充実したキッチン設備や大きなバスタブが決め手になり、後者を選びました」(Aさん)

「不動産」関連記事

【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。