マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

「生活は破綻してないけれど…」パチンコ依存症“予備軍”の危ない日常

2022年5月16日 15:00 マネーポストWEB

「もしかしたら依存症に近い状態なのではないか」と不安になっている人も多い(イメージ)
「もしかしたら依存症に近い状態なのではないか」と不安になっている人も多い(イメージ)

 パチンコ・パチスロ業界が抱える最大の課題のひとつが「依存症」だ。パチンコ・パチスロにハマりすぎて、多額の借金を抱えたり、仕事や学校をやめたりするケースは、決して珍しいことではない。業界でも依存症問題には積極的に取り組んでおり、多くのパチンコ店ではトイレなどに依存症問題についてのポスターが掲出され、パチンコ機、パチスロ機の液晶画面では注意喚起が頻繁に表示される。そういった取り組みの中で、大きな“実害”こそなくても“自分はパチンコ・パチスロ依存症かもしれない……”と悩んでいる人もいる。依存症予備軍たちの実態をリポートする。

 都内に住む飲食店勤務の山崎さん(仮名、30代男性)は、休みの日は一日中パチンコを打っているという。

「現在唯一の趣味がパチンコです。普段は昼の11時くらいから夜の10時くらいまで仕事なので、ほとんど打てないんですが、仕事が休みの日は開店前から並んで、閉店までパチンコを打っています。休みの日にパチンコを打つために、日々仕事をしているという感じです。

 給料は生活費とパチンコで負けたお金で、ほぼ毎月使い果たしている状態。借金こそありませんが、もしかしたら依存症に近い状態なのではないかと、ちょっと不安になっています」(山崎さん)

 山崎さんは、パチンコで使うお金を捻出するために、切り詰めた生活を送っている。食事は仕事場での“まかない”が基本で、外食もほとんどしないし、飲みに行くこともない。ファッションにもお金をかけず、サブスクリプションサービスなども利用していない。暇な時間は、YouTubeでパチンコの実践動画を観ている。

「完全にパチンコ中心の生活です。いま、パチンコが打てなくなったら、どうやって過ごせばいいのかわからない。このまま“パチンコ依存”がエスカレートすることへの危機感はあります。でも、金銭的な問題には至っていないので、まだ大丈夫かな……という感じなんですよね」(山崎さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。