マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

ソフトバンクグループの異様な業績乱高下「もう“普通の会社”ではなくなった」

2022年5月25日 6:00 週刊ポスト

ソフトバンクグループの運命を左右する主な「投資銘柄リスト」
ソフトバンクグループの運命を左右する主な「投資銘柄リスト」

 経済ジャーナリストの大西康之氏は、現在のソフトバンクGは「“普通の会社”ではない」と語る。

「ここ数年の業績の乱高下は、ちょっと異様です。日本の旧来的な製造業の企業ではまずあり得ない。世間一般のイメージからすると“携帯会社”という認識かもしれませんが、いまは完全に“投資会社”です。今回の大赤字も世界の株価急落を受けて、資産が急激に目減りしたということ。

 簡単に言ってしまえばマーケットの浮き沈みに合わせて業績が動いているに過ぎないのですが、それが1兆円単位となると話は別です。普通の会社だったら資産が1年間で何兆円もすっ飛んだらやっていけるはずがない」

 ソフトバンクGが急速に投資会社へと姿を変えた背景には、孫氏の“立ち位置”の変化がある。

 これまではADSLの普及や「iPhone」の販売など常に日本のIT業界をリードしてきた「起業家」だったが、近年は巨大ファンドを運営する「資本家」へと変貌を遂げた。その証拠に、孫氏は2020年2月に開かれた決算報告会で自身を「冒険投資家と呼んでください」と語っている。

「孫さんは『(利益)100兆円を目指す』と言って、世界各国の有望なスタートアップ企業に片っ端から投資しています。今年で65歳になり、経営者としてビジネスの最前線であと何年やれるか分からない。自分が1つ1つの事業をやっていても限界があるため、投資という道に進んだのでしょう」(大西氏)

※週刊ポスト2022年6月3日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。