マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

被害を最小限に抑えるために フィッシング詐欺から身を守る4つのポイント

2022年6月22日 19:00 女性セブン

2021年のフィッシング詐欺報告件数
2021年のフィッシング詐欺報告件数

 偽メールやSMSから偽サイトに誘導し、個人情報を抜き取るフィッシング詐欺。IDやパスワード、クレジットカード情報を盗むことを目的としたサイトで、クレジットカード会社などを装ったメールからリンクをクリックするよう誘導し、個人情報の入力を求める手口だ。フィッシング詐欺被害にあわないためにはどうすればよいのか。

 ソフトバンクグループの『BBソフトサービス』コミュニケーション推進部の池田良介さんは、注意するポイントが4つあると言う。これを守ることができれば、たとえ詐欺にあったとしても、被害を最小限に抑えることができる。以下、紹介しよう。

【1】メールやSMSで案内されたアドレスが正規アドレスか確認する

 メールやSMSのメッセージ上のリンクはクリックせず、事前に登録しておいたブックマークや、ウェブ検索で正規のサイトにアクセスすること。

「パソコンの場合、リンク上にカーソルを持っていくとリンク先のアドレスが画面の左下などに表れるため、そこでよく確認するといいでしょう。『Amazon』だと思ったら、『Amazun』『Amazoon』など、よく似た別のものになっていることもあるので要注意。スマホの場合は特に画面ですべてのアドレスが見られないことがあるので、必ず正規サイトにログインしてから、目的のページに移動すること」(池田さん・以下同)

【2】個人情報やクレジットカード番号の入力を促すメール、SMSに注意する

「クレジットカード会社などは、個人情報やクレジット情報などについて、メールやSMSでの照会は行っていません。情報を入力させるページに誘導するメールは特に注意を払いましょう」

 疑わしい場合は、クレジットカードの裏などに書いてある問い合わせ先や、正規サイトの問い合わせセンターに電話をして確かめてみるのもいい。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。