マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

被害を最小限に抑えるために フィッシング詐欺から身を守る4つのポイント

2022年6月22日 19:00 女性セブン

フィッシング詐欺サイトで偽装・盗用の対象となったブランド
フィッシング詐欺サイトで偽装・盗用の対象となったブランド

【3】SSL通信が提供されているかどうかをチェックする

「利用しているサイトと保護された安全なやり取りを行うためにSSL通信というものがあります。httpsとアドレスの冒頭に記載されており、入力した内容や通信が暗号化されます。詐欺サイトはSSL通信が行われていない場合も多く、個人情報(メールアドレスやクレジットカード番号など)を入力するページのアドレスバーに鍵マークが表示されていれば、これが利用されているので比較的安心です。鍵マークがない場合は注意が必要です」

 また、本人確認の安全性を高めるため、二段階認証をとっているサイトを利用するのもいい。ログインするためには、IDとパスワードを入力した後、登録済みの連絡先(携帯電話など)に対して認証コードを発行・送信してもらい、受け取った利用者がそのコードを入力するというもの。手間はかかるが、アカウントののっとりなどを防ぐのに大いに役立つ。

【4】ログインID・パスワードの使い回しを控える

 複数のサービスサイトで同じログインIDとパスワードを使い回していると、フィッシング詐欺で情報が詐取された場合、ほかのサービスサイトの不正利用にあう可能性が高まる。「被害を最小限に抑えるためにも、ログインIDとパスワードの使い回しは絶対にしないこと。面倒かもしれませんが、サービスごとに登録内容を変え、きちんと管理を行うようにしましょう。パスワードを定期的に変更するのも、詐欺被害防止に有効です。また、登録する際に無作為に入力したパスワードを利用し、次に利用する際には『パスワードを忘れた』として再登録し、情報漏洩被害を防いでいる人もいます」。

 詐欺サイトの手口は巧妙で、どんなに注意をしていても引っかかる可能性はある。自分で防衛するのもいいが、詐欺サイトをブロックするネット犯罪専用のセキュリティーソフトを導入するのも選択肢のひとつ。

「ウイルス対策ソフトでパソコンを守るとともに、詐欺サイトには専用のセキュリティーソフトの導入がおすすめです。『詐欺ウォール』の場合は、サイトやSMSメールの閲覧中に不用意に悪意のあるサイトにアクセスした場合、自動的にブロックします」

 パソコンにもスマホにも対応しているので、サイバー犯罪被害を未然に防ぐことができるという。自衛力に自信がないなら、プロの手を借りながら、便利になったネットサービスをこれからも楽しもう。

※女性セブン2022年6月23日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。