マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

夫に先立たれた妻の遺族年金の算出方法 遺族厚生年金は「夫の年金の75%」が目安

2022年6月16日 16:00 女性セブン

「北村式年金額計算法」も活用。遺族年金いくらもらえるか計算ガイド
「北村式年金額計算法」も活用。遺族年金いくらもらえるか計算ガイド

 意外と重要なのが、夫が亡くなったときのあなたの年齢。

 夫が自営業で、遺族基礎年金が受け取れない場合、亡くなったときに自分が65才未満だと「寡婦年金」か「死亡一時金」のどちらか一方を選ぶケースも出てくる。

「死亡一時金の受給は1回だけなのに対し、寡婦年金は60~65才までの間、最長5年間受け取ることができ、基本的には寡婦年金の方が金額が大きい。夫が受け取るはずだった老齢基礎年金の4分の3が、最長5年間受給できます」

 死亡一時金は最大32万円。金額の差は倍以上になることもあるため、実際に寡婦年金を選ぶ人の方が多い。だが、必ずしも寡婦年金の方が多いというわけでもない。

「寡婦年金は5年間しか受け取れません。65才に近づくにつれて受け取れる期間が短くなるため、総額は少なくなります」(社会保険労務士の井戸美枝さん)

自分がすでに年金受給を開始していたら

 年齢によって金額が変わるのは、遺族厚生年金にプラスされる「経過的寡婦加算」も同じだ。まず18才未満の子供がおらず、遺族厚生年金しか受け取れない妻には、40才から65才になるまでの間は「中高齢寡婦加算」(定額58万3400円)がある。そして65才以降で妻の基礎年金額が少ない場合は「経過的寡婦加算」がある(昭和31年4月2日以降生まれの人は、65才以上でも経過的寡婦加算はない)。

「経過的寡婦加算は、【中高齢寡婦加算額-満額の老齢基礎年金×妻の生年月日に応じた乗率】で計算できる。これは1年ごとに乗率が細かく異なっており、遅く生まれた人ほど加算される額は少ない」(北村さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。