マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

年収1500万円でも家賃7万円… 高収入でも安い物件に住み続ける人たちの価値観

2022年7月1日 15:00 マネーポストWEB

住まいにどれだけお金をかけるかはひとそれぞれ(写真:イメージマート)
住まいにどれだけお金をかけるかはひとそれぞれ(写真:イメージマート)

 高級分譲マンションにタワーマンション……。一般的に収入が高い人ほど、住居にもお金をかけるイメージが強いだろう。とはいえなかには、高年収でもあっても住居にお金をかけないスタンスの人もいる。国税庁の「令和2年分 民間給与実態統計調査」によると、給与所得者5245万人の平均年収は433万円。この額を大幅に超える高年収で、「家賃にお金をかけない」人たちに、その価値観を聞いてみた。

 IT企業に勤務する男性・Aさん(30代独身)は、同業界で数回の転職を経て、現在年収1000万円オーバー。年収300万円ほどだった新卒の頃から変わらず、都内の家賃5万円台の物件に住み続けている。

「築年50年くらいの1DK。風呂とトイレは一緒、洗濯機はベランダです。宅配ボックスもないし、オートロックもありません。日当たりが良いのが唯一の自慢です。でも、寝るには十分。生活するうえで全然困っていないので、何の問題もありません。駅までは少し遠いですけど、スーパーは近いので住みやすいです」(Aさん)

 そんなAさんのマンションに同僚や友人が訪れた際には、決まり文句のように「稼いでるのに」「もっといいとこ住みなよ」などと言われるが、Aさんはそれが不満のようだ。

「年収は平均以上の部類に入るかもしれませんが、だからといって、5万円で買えるものは新入社員の頃と同じです。高収入の人は高給時計や車を持っていないとダメなのでしょうか。僕は服や時計にも興味はないし、車の免許も持っていない。旅行も面倒だから行かない。お金をかけることといえば、仕事の勉強に買う専門書くらいですね」(Aさん)

 こんなAさんの考え方には、学生時代に言われた父親の言葉「一度、生活水準を上げたら、戻れなくなるぞ」という言葉も影響しているようだ。

「父の言葉が、今になってわかるような気がしています。大手企業に入社して、20代後半くらいから、住まいや交友関係が突然派手になった友人がいるのですが、最近久しぶりに飲んだら、ものすごいケチになっていました(笑)。ボーナスが減ったとか、ローンが払えなくなりそうとか、文句ばっかり。

 その一方で、生活水準を落としたと思われたくないようで、飲み会では人より多く払おうとする。なんだか生き辛そうで、一度いい目を見ると戻れないとはそういうことなんだな、と実感しました」(Aさん)

「不動産」関連記事

【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。