マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

東京から近場の旅行に行くならどっち?「富士五湖」vs「伊豆半島」実力比較

2022年7月4日 15:00 マネーポストWEB

富士山を間近に見られる「富士五湖」に旅行する際のポイントは?
富士山を間近に見られる「富士五湖」に旅行する際のポイントは?

 2020年、2021年と遠出が難しい状況が続いたが、2022年の夏休みは様々な旅行支援策が実施され、久々にお出かけムードが盛り上がっている。目的や目的地をはっきり決めて行く旅行も楽しいが、「優雅にリゾート気分を味わう」というのも旅の楽しみ方の1つ。東京およびその近郊から気軽に行けて、山も水辺も楽しめる代表的なリゾート地、山梨県の「富士五湖(富士山麓)」と静岡県の「伊豆半島(伊東、伊豆高原、下田など)」について、ライターの金子則男氏が解説する。

 * * *
 昨年、一昨年と旅行業界はコロナでボロボロでしたが、「県民割」など取り組みもあってか、予約は好調なようです。ただ、まだコロナに対する“遠慮”があるのか、「安・近・短」(安い・近い・短い)の傾向は続いているとか。そこで、東京から100~200km程度に収まる水辺のリゾート地「富士五湖」と「伊豆半島」について、項目別に比較してみました。

【アクセス(公共交通機関)】富士五湖へは高速バスで直行

 富士五湖は鉄道で行くのは微妙。都内から富士急行経由で河口湖方面に直通する特急は1日数本しかなく、新宿~河口湖駅間の所要時間も2時間近く掛かります。その代わり高速バスがバンバン出ていて、そちらを使えば河口湖、山中湖、富士山方面など、目的地にダイレクトアクセスが可能。ただ、ピーク時は満席になることも多いので、その点は要注意です。

 伊豆半島は、熱海まで新幹線で行って在来線ないしは特急に乗り換えるか、直通の特急を使うかのどちらかがオーソドックスな行き方。時間で言えば前者に軍配が上がりますが、楽なのは後者でしょう。また、少々時間は掛かりますが、在来線のグリーン車でのんびり行くという手もあります。伊豆半島なら車窓も楽しめるというメリットがあります。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。