マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

おしゃれ&時短に!夏だけじゃなく「一年中帽子をかぶる生活」の良いところ

2022年7月18日 19:00 マネーポストWEB

熱中症対策以外にもメリットは多い(写真:イメージマート)
熱中症対策以外にもメリットは多い(写真:イメージマート)

 例年にも増して、気温が高い今年の夏。熱中症対策のため、外出時には帽子をかぶっているという人も増えているだろうが、なかには季節に関係なく、年中帽子をかぶっている人たちもいる。彼ら/彼女たちにとって、帽子はどのような意味を持つものなのだろうか。すっかりトレードマークになるほど、年がら年中帽子をかぶっている人たちに、そのメリットとデメリットについて聞いた。

 都内のデザイン会社に勤務する40代の男性・桜井さん(仮名)は、キャップをかぶる理由をこう話す。

「20代のころから、基本的に外出時はずっと帽子をかぶっています。基本的にはキャップですね。室内にいるときはかぶったりかぶらなかったりですが、仕事もスーツスタイルではないので、私服は基本的に全部“帽子ありき”。帽子をかぶっていれば髪の毛をセットする必要がなくて、朝の支度も時間がかからない。整髪料を買う必要もないし、本当にラクですよ」(桜井さん)

 桜井さんは、散髪に行く頻度も少なめで、2~3か月に1回程度だという。

「帽子をかぶりやすいヘアスタイルを選んでいるので、ベースはスポーツ刈りです。髪型を考える必要もないし、変えたいとも思わない。スティーブ・ジョブスが毎日同じ服を着ていたのと同じような感覚だと思ってます(笑)。髪の毛にかける時間を減らせるというのが、帽子スタイルの最高のメリットだと思います」(桜井さん)

 都内のIT企業に勤務する30代の女性・遠藤さん(仮名)もまた、一年中帽子をかぶって生活している。遠藤さんは、キャップやバケットハットなど、多数の帽子を所有しており、無類の帽子好きを自認。帽子をかぶることで、“おしゃれ”につながっていると感じている。

「私はカジュアルなファッションが多いんですが、帽子をかぶることで一気に“おしゃれ度”が増すんです。シンプルな服装にプラスするワンアイテムとして、帽子は手軽。春夏はキャップやバケットハットが多いですが、秋冬になればベレー帽やニット帽などでおしゃれの変化を楽しめます。あと、最近ちょっと頭頂部に白髪が生えてきたんですが、それを隠すことができるのもいいんです。もう帽子なしの生活は考えられないです」(遠藤さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。