マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

辺見マリ、白髪染めやめグレイヘアに「もういいや、心と体を解放しよう」

2021年9月10日 7:00 女性セブン

昨年、古希を迎えたのを機にロングヘアに別れを告げ、白髪染めもやめた辺見マリ
昨年、古希を迎えたのを機にロングヘアに別れを告げ、白髪染めもやめた辺見マリ

 年齢を重ねるなかで、ヘアスタイルや延々と繰り返す白髪染めに悩まされる女性も少なくないだろう。だが、ある程度の年齢になったからこそ、思い切って髪型を変え、白髪と上手に付き合うことで、それまでの自分を一新し、生き生きとした暮らしを手に入れられることもある。

 スペイン系アメリカ人と日本人のハーフである歌手の辺見マリ(70才)は、エキゾチックな妖艶さで世の男性を魅了してきた。そのトレードマークの1つであるロングヘアを、昨年10月、古希を迎えることを機にバッサリ切り落とした。

「私たちはイメージが大切だから、“色っぽい女性”を望んでいる人たちの期待を裏切らないかと不安もありました」(辺見・以下同)

 そう振り返る辺見は、ショートヘアになっただけでなく、白髪を生かした「グレイヘア」に変身している。じつは、彼女は10年以上、白髪染めに悩まされていたという。

「私は特に、キュッとまとめるヘアアレンジが多かったため、根元の白髪がすごく目立ちやすかったんです。3週間に1度は白髪染めをしていたのですが、体質的に頭皮が弱く、アレルギーのようなかゆさが治まらない。急に、首の方までぶわーっと湿疹が出てきたこともありました」

 世間が望む“辺見マリ”に応えたい思いと、白髪染めをいつやめられるのかという葛藤に苦しんだ。そんなとき、「お母さん、髪の毛切りにいかない?」と声をかけたのは、娘でタレントの辺見えみり(44才)だ。70才の誕生日の3日前だった。

「えみりは私が悩んでいたことを知っていたんです。2019年には右足首を骨折して、その後にインフルエンザになるなど不運が続き、しかも、そのときはコロナ禍のため仕事のキャンセルが相次いでいました。

 えみりとしては、『お母さんが髪を切るならこのタイミングだ』と思ったのでしょう。私も、70才を機に脱皮して、生まれ変わるつもりで、『何かあればウイッグをつければいい』と覚悟して美容室へ行きました」

 ロングからショートへ大胆にカットし、そのときは、前回までの白髪染めの色がまだ残っている状態だった。

「自分で言うのもなんですが、そんなに変な感じがしなかったんです。仕事もまだ始まらないし、そのまましばらく染めないで過ごすことにしました。実際、頭が軽くなって、シャンプーしてもすぐ乾くし頭皮のかゆみもない。本当に楽なんです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。