マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

相続準備、もめない遺言書づくりのポイントとなる「付言事項」の注意点

2022年8月20日 15:00 女性セブン

遺言書の「付言事項」をどう書くか(イメージ)
遺言書の「付言事項」をどう書くか(イメージ)

 お盆に帰省して、老親と将来のことについて話し合った人もいるかもしれない。そうした中で、将来的に避けて通れない話題が相続だ。話しにくい話題ではあろうが、スムーズな相続のためにはどんな事前準備が必要なのか。相続の事前準備の中でももっとも重要なのは、やはり「遺言書」の作成だ。ただ、実際に遺言書をつくっている人はまだまだ少ない。

 ベリーベスト法律事務所の弁護士・田渕朋子さんが説明する。

「日本公証人連合会によると、公正証書遺言の作成件数は令和3年度で10万6028件。近年は8万~11万件で推移していて、単純比較はできませんが、年間死者数が140万人を超える現状では、少ない印象です」(以下同)

 遺言書には、すべて自分で手書きする「自筆証書遺言」と、公証役場で作成する「公正証書遺言」の2種類がある。

「自筆証書遺言は、手書きする分、記入漏れなどのリスクがあります。もし不備があれば、遺産分割協議をやらなければならない場合もあります。一方の公正証書遺言は公証人が作成するため、不備がある可能性は低い。その分、作成には、仮に1億円を1人に相続させるとすると、5万4000円の手数料のほか、枚数に応じた費用がかかります」

 もちろん、遺言書の内容に細かい希望がある場合などは、弁護士などの専門家に依頼することも可能。

 財産額によっては40万~50万円近くかかる場合もあるが、良心的な弁護士事務所なら、20万円以下で受任している場合もある。

 作成にかかる時間は、公正証書遺言であっても、だいたい1か月前後。預貯金の残高など、財産の内容がわかっていれば、時間も手間もさほどかからない。

「遺言書に必要な『財産目録』は、相続財産にどんなものが、どれくらいあるかを示すもの。これは、2019年に施行された改正相続法により、通帳のコピーなども有効になり、より手軽につくれるようになっています。例えば、不動産の財産目録なら、登記簿謄本のコピーが有効です」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。