マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

お金はいくら必要?銘柄の選び方は?プロが解説、初心者のための株投資の始め方

2022年9月14日 19:00 週刊ポスト

株投資を始めるなら何から手をつける?(イメージ)
株投資を始めるなら何から手をつける?(イメージ)

 反騰や反落を繰り返しながらも、日経平均株価は3万円を目指す展開が続いている。とはいえいくら株が上昇しようと、株投資をしていなければその恩恵は受けられない。日本株上昇の「大波」が期待されるなか、「株に興味はあるが、敷居が高そうで手が出せない」という人のために、マーケットアナリストの平野憲一氏(ケイ・アセット代表)が解説する。

「株売買を始めるにあたっては、証券会社に取引口座を開設することがはじめの一歩になります」(以下、「 」内同)

 証券会社を選ぶ基準は、一般的に手数料の安さや取引商品の多さ、サービスの充実度を目安にするという。

 近年は手数料の安さからネット証券を選ぶ人が増えている。1約定(株式売買の取引が成立すること)ごとにかかる手数料を比較した場合、例えばある大手ネット証券では取引金額10万円以下で99円だが、店舗を持つ総合証券会社のオンライン取引では同152円と50円超の差がある。

「これだけを見ればネット証券が有利ですが、ネットが苦手な人、銘柄選びや売買のタイミングなどで助言が欲しい人には、店舗で対面取引ができる証券会社をお勧めします」

 証券会社を決めたら、続いて口座開設の手続きを行なう。

「近年は、証券会社のホームページからインターネットで申し込むのが主流です。この場合、表示される取引約款や規定などを確認し、必要事項の入力や本人確認書類の提出をオンライン上で行なえば、申し込みは完了。後日送られてくる口座開設の通知を受け取り、マイナンバーを登録すれば、株取引が開始できます。店舗や郵送での申し込みも可能で、いずれの方法でも、証券口座の開設に費用はかかりません」

 証券口座が開設できたら、資金の準備に移る。最初はどれくらいの金額が必要なのか。

「基本的に、株の購入は最低取引単位の1単元(100株)で行なわれるため、株価1000円の銘柄の最低購入金額は10万円となります。東証プライム市場全銘柄の平均株価は2400円程度ですから、24万円程度の資金があれば、プライム市場の約半分の銘柄が買えることになります」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。