マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

中国の「不動産バブル崩壊」を過剰に警戒する必要はあるのか

2022年9月14日 7:00 マネーポストWEB

 西側諸国で起きるかもしれない危機は中国に伝染する可能性は低く、リーマンショックの時と同様、中国が危機修復の担い手として機能する可能性はあるだろう。

 物価は安定しており、金融引き締めを強いられるような状況ではなく、実際、中国人民銀行は金融緩和を続けている。天候要因や、エネルギー産業政策と需要のミスマッチなどによるエネルギー不足は発生したが、欧州ほど深刻ではなく、また、一時的な現象である。そう考えると、中国経済の行く末について過度に警戒する必要はないのかもしれない。

文■田代尚機(たしろ・なおき):1958年生まれ。大和総研で北京駐在アナリストとして活躍後、内藤証券中国部長に。現在は中国株ビジネスのコンサルティングなどを行うフリーランスとして活動。ブログ「中国株なら俺に聞け!!」(https://www.trade-trade.jp/blog/tashiro/)も発信中。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。