マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

餃子の王将、今年2度目の値上げで求められる“安さ”以外の個性 「ジャストサイズメニュー」に注目する愛好家も

2022年10月30日 15:00 マネーポストWEB

餃子の王将の看板メニューである「餃子」。関西では264円が275円に、関東では286円が297円に値上がりする
餃子の王将の看板メニューである「餃子」。関西では264円が275円に、関東では286円が297円に値上がりする

 原材料費の高騰やウクライナ情勢、そして円安の影響により、値上げラッシュが止まらない昨今。多くの外食チェーンでも価格改定が行われている。そんななか、『餃子の王将』は、11月19日に今年2度目となる値上げを実施する旨を発表した。

『餃子の王将』を運営する王将フードサービスは今年5月に原材料費などの高騰を受けて一部メニューについて、20~30円の値上げを行っている。しかしその後も、想定以上に原材料の高騰は続き、特に電気料金・ガス料金の光熱費のコストアップが大きく、今年2度目の値上げとなったという。

 今回は、グランドメニューのうち35商品について税込価格で11円から55円の値上げが行われる。代表的な価格改定は以下の通りだ。

●餃子
関西:264円→275円
関東:286円→297円

●鶏の唐揚
関西:572円→594円
関東:594円→616円

●酢豚
関西:583円→605円
関東:605円→627円

●炒飯
関西:473円→495円
関東:528円→550円

●天津飯
関西:517円→539円
関東:561円→583円

●豚カルビ炒飯
関西:販売なし
関東:550円→605円

●醤油ラーメン
関西:528円→550円
関東:528円→550円

 また、ドリンクメニューの中では、西日本の一部店舗で販売されている「びんビール(大びん)アサヒスーパードライ」が528円から638円に値上げされる。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。