マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

保険の見直しはライフステージの変わり目に 医療保険解約の最後のチャンスは「75才」

2022年11月8日 15:00 女性セブン

保険は定期的に見直す必要がある(写真:イメージマート)
保険は定期的に見直す必要がある(写真:イメージマート)

 毎月払い続けている生命保険料。何十年も払い続ければ、相当な額になってしまう。だからこそ、どの保険が本当に必要で、どの保険は必要ないのか、しっかり見極める必要があるだろう。

 保険を見直して解約したり、入り直したりする絶好のタイミングは、子供の独立や定年退職といった、ライフステージの変わり目だ。生命保険会社での勤務経験を持つ、ファイナンシャルプランナーの横川由理さんが解説する。

「若い人や子供がいない人なら、保険は不要です。入るとしても、自分が働けなくなったときに備える『就業不能保険』、がん家系で不安なら短期のがん保険と、できるだけ安く、掛け捨てのものを選びましょう。

 小さい子供がいるなら、独立するまでの間は、一定期間の死亡を保障する『定期保険』に入る。もしくは、保険金が年金形式で受け取れる『収入保障保険』もいい。加入から年数を経るごとに受け取り総額が減っていくので、一般的な定期保険よりも保険料が割安です」

 そして、子供が高校や大学を卒業して独立したら、保障額を減らすか解約を。注意が必要なのは、家を買ったとき。ローンを抱えて、保障を増やしたくなるが、それは大きな間違いだ。

「住宅ローンを組む際は基本的には『団信(団体信用生命保険)』に入らなければなりません。契約者が死亡すると住宅ローン残債が保険金として支払われるので、いわば死亡保険と同じ。その分の保障はむしろ減らすべきです。例えば、住宅ローンの返済が月10万円なら、少なくともその分は、生命保険で備えておく必要がなくなります」(横川さん)

 定年退職する頃には、子供が独立し、家のローンも完済している人が多いだろう。退職金が入ってきて、夫婦ふたりの生活になると、生活費も現役時代よりは少なくて済むようになる。辛口保険評論家でファイナンシャルプランナーの長尾義弘さんがアドバイスする。

「子供が独立すれば、大きな保障は必要なくなるので、葬儀代になるくらいのお金があれば大丈夫でしょう。また、医療保険なども見直しを」

 若いうちに入れば保険料は割安だが、長い間同じ保険に入り続けていると、年を取るほど損になる。必要保障額はライフステージごとに変わるため、その都度見直す必要があるのだ。

「医療保険は、高齢になるほど必要なくなります。75才以上の後期高齢者は、医療費の自己負担額は1割。医療費よりも介護費用の方がかかります。要介護状態になった場合、医療保険に入っていても、入院しない限り保険金はおりません。何才になっても、医療保険は不要です」(横川さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。