マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

「何もかも納得できない」納骨堂の閉鎖宣言で遺骨引き取り要求された檀家の怒りと困惑

2022年10月31日 16:00 週刊ポスト

突然の閉鎖宣言に檀家たちは騒然(納骨堂「御霊堂元町」)
突然の閉鎖宣言に檀家たちは騒然(納骨堂「御霊堂元町」)

 駅近くのアクセスの良い場所に購入した納骨堂。終活の一環としてやった「墓じまい」で、この先家族に負担をかけることもなく身軽になった、はずだった。そんな時に「遺骨を引き取ってほしい」。家族を供養する納骨堂に突然、閉鎖すると告げられたら──。

 北海道札幌市の宗教法人「白鳳寺」が運営する納骨堂「御霊堂元町」が、まさにそんなトラブルに揺れている。

 2012年に札幌市東区に開業した「御霊堂元町」は、地下鉄東豊線元町駅から徒歩6分の好立地に建つ。

〈お墓や供養の新時代に穏やかな光に包まれて、故人様と向きあう心安らぐ時間 御霊堂元町が提供する新しい供養のカタチ〉

 ホームページで高らかに宣伝するように、4階建ての建物に「光の彼方」「天空へ架ける虹」などと名づけられた7種のオリジナル納骨壇(30万~250万円)と、シェアスタイルの納骨壇(納骨壇冥加金20万円)を完備し、年間管理費は5000~1万2000円。「安心」と銘打った永代供養の料金は30万円だ。

 だが、現実は心安らぐ供養とはほど遠かった。

 今年9月、利用者のもとに「白鳳寺の名義が不動産会社に移った」との一方的な通知が届いた。10月9日から行なわれた説明会で、白鳳寺の太田司・代表はこう述べたという。

「10月24日に(建物引き渡しの)強制執行されるので、それまでに遺骨を引き取ってほしい」

 利用者にとっては寝耳に水の宣告だった。さらには「返済できる財源がない」として、これまで支払ったお金も戻ってこないというのだ。

 ことの経緯は「御霊堂元町」の経営が悪化するなかで、昨年11月に債権者の葬儀会社が建物を差し押さえ、今年7月の競売で札幌市の不動産会社が落札。所有者となった不動産会社は納骨堂の退去を求めているという。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。