トレンド

キャリア各社が割引上限設定を働きかけ 「1円スマホ」消滅の危機にスマホユーザーの反応

「1円スマホ」消滅の危機にユーザーの反応は?

「1円スマホ」消滅の危機にユーザーの反応は?

 大手キャリア4社は11月29日、スマホが「1円」で安売りされていることを受け、それを規制する新たなルール整備を総務省に提案した。現状、回線契約を問わない割引には上限がなく、回線契約時の割引(上限2万2000円、税込み)と組み合わせると、「1円スマホ」として売ることが可能だ。制限なしの割引はキャリア間の熾烈な競争を生み、結果として1円スマホを転売する「転売ヤー」問題にもつながっている。キャリア各社は割引に上限を設けることで、そうした問題を解決する道筋を切り開こうとしている。

 一方、こうした大手キャリアの動きに一部スマホユーザーからは、さまざまな声があがっている。

「1円スマホ」がなくなるのは困る

 メーカーに勤務する40代女性・Aさんは今年3月、中学生の娘にせがまれてiPhone 12を購入した。

「iPhoneは、iPhone SE(第3世代)のような廉価版ではない限り、定価で10万円を超えてくる。iPhoneよりも安いAndroidはどうかと娘に言ってみたら、『iPhoneじゃないと絶対イヤ!』と泣きつかれてしまって……。さらに家電量販店に行ったら、『iPhone 12 一括10円』の文字が飛び込んできたので、即決しました。キャリアによる大幅値下げは、家計にも娘にも救世主でした」(Aさん)

 今年7月、iPhoneシリーズが値上げされたのは記憶に新しく、Appleストアの販売価格は約2割上昇した。ますますiPhoneは“高嶺の花”になり、そのうえ「1円スマホ」も風前の灯火だ。Aさんは「2年後が心配」と嘆息する。

「数年後の買い替え時には、また『iPhone 一括○円』で買い替えればいいと思っていました。円安進行前に購入できたのも良かったと思っていたんですけど、1円スマホがなくなるかもしれないと聞き、次の買い替えタイミングが不安しかありません。なるべく長く使うしかないですよね」(Aさん)

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。