ライフ

食べたいけど頼みにくい… 飲食店の「レディースセット」の名称に不満を持つ男性たち

小鉢がたくさんある「レディースセット」の一例。注文したい男性もいるのだが…(イメージ)

小鉢がたくさんある「レディースセット」の一例。注文したい男性もいるのだが…(イメージ)

 飲食店の中には、「レディースセット」の名を冠するメニューを設けている店がある。概ね、通常メニューよりも量が少なめ、セットならメインのボリュームが抑えられていてサラダやデザート付きといった感じだ。店によってルールは異なるだろうが、男性が注文しようとして断られることもあるようで、そもそも注文していいものか迷ったり、注文しにくいと感じたりする男性は少なくない。

「レディースセット」を楽しみたい男性や、実際に注文したことがあるという男性たちに、注文時の心境を聞いた。

男がみんな大食漢というわけじゃない

 メーカーに勤務する20代男性・Aさんは、いわゆる平均的な体型だが、少食を自認。自身にとって「レディースセット」は理想的だという。

「『おかわり自由』『大盛り無料』みたいな増量サービスは、たしかに同じ値段なのであればお得になることは理解しますが、僕にとってはまったく魅力を感じません。よく行く大好きなオムライス屋さんに、以前『メンズランチ』があったのですが、これは値段そのままでサイズアップができるというもの。男だからって皆サイズアップが嬉しいわけじゃないのに、と思っていました(笑)。

 どちらかというと、メインに、サラダやコーヒーがついてきて、それぞれ単品で注文するよりはお得になる『レディースセット』が理想的。でも、メニュー表に『男性のお客様もご注文いただけます』と書かれていても、やっぱり頼みにくいです……」(Aさん)

 そんなAさんは同僚女性と昼食を食べる際には、「レディースセット」を代理で注文してもらうこともある。

「以前、そのレディースセットを頼もうとした時、声を出したくないので、メニュー表を指して『これで』と注文したのに、確認のためとして、店員さんから『レディースセットですね?』と大きな声で言われてしまって、すごく恥ずかしい気持ちになったことがありました。気にし過ぎなんでしょうけどね(笑)。

 だから、同僚の女性とランチに行く時は、彼女にレディースセットを2つ頼んでもらいます。なんで『レディース』なのか……。普通に『お得セット』とか、何かしら名前を変えてくれればいいのになと思ってしまいます」(Aさん)

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。