マネー

外資系保険マンが明かす保険選びのポイント 医療保険は「自由診療」「差額ベッド代」「先進医療」をカバー

現役営業マンが教える保険選びのコツ(イメージ)

現役営業マンが教える保険選びのコツ(イメージ)

 女性セブンの名物ライター「オバ記者」こと野原広子さん(65才)が昨年10月、「卵巣がんの疑い」と診断され、患部の摘出手術を受けた。病名は「境界悪性腫瘍」。良性腫瘍と悪性腫瘍の中間に位置づけられる「境界悪性腫瘍」は、医学的にはがんの部類に入るが、保険業界の視点からは「がんではない」と判断され、がんに対する保障の対象外となる。

 加入していたがん保険で支払われる金額を病床で調べていた野原さんは、想定よりかなり低い額しか受け取れないことにがっかりするとともに、生命保険の大切さや複雑さ、難しさを感じた。「改めて保険について勉強したい」と思った野原さんは、旧知の外資系生命保険会社の営業マンS氏(41才)と連絡を取り、さまざまな疑問をぶつけた。【全4回の第3回。第1回から読む)】

 * * *
野原:私、この65才を節目に保険の見直しを考えていてね、今回入院中に「保険、何入ってる?」って患者仲間に聞きまくって、意外と多かったのがT共済だったの。

S氏:掛け金が安く、審査もゆるいので結構入っている人がいますけど、保険金が少ないので、私は、メインとしてはおすすめしません。亡くなってその金額で本当に大丈夫?って思っちゃうので。

 また、保険は大手から安価な新進系までさまざまありますが、「保険会社名」と「支払い率」をキーワードに検索すると、保険会社ごとに請求件数や支払い件数、支払い率などがチェックできます(別表参照)。例えば、日本生命では2021年10月から2022年3月まで死亡保険金や給付金とかの支払い件数が86万件超で、非該当件数は全体の2.7%程度。こうした公開情報も保険選びの参考になります。

保険会社数社の保険金・給付金等の支払い状況

保険会社数社の保険金・給付金等の支払い状況

野原:なるほど。ところでSさん自身はどんな保険に入ってるの? 現役の保険営業マンがどんな保険に入ってるか、みんな興味津々だと思うのよ。

S氏:保険屋さんで保険に入ってない人はほぼいません。ただ、入り方は人それぞれなので、個人的な考えを参考までにお話しすると……。うちの場合は妻とふたり暮らしなので、終身保険タイプの変額保険と収入保障保険の2本立てで死亡保障をできるだけ厚くしている点と、医療保険では入院日額を充実させた上でがん特約を付けることをポイントにしています。

 保険選びにはその人の状況や年齢、家族構成などでいろんな考え方がありますが、私は「自分のお金でなんとかできないところ」を保険でカバーすればいいと思います。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。