相続・終活

相続・終活に関する記事一覧です。遺産の分割方法、相続税対策から、遺言の書き方、墓・葬式の準備方法まで幅広く紹介。体験談も豊富に掲載しています。

相続放棄しようと思っても、認められないケースとは(イメージ)
相続放棄が認められなくなる“3つのNG行為”「預貯金の引き出し」「アパートや固定電話の解約」「持ち物を譲る」
 相続では、預貯金や現金、不動産といった「プラスの財産」だけでなく、借金や未払金といった「マイナスの財産」までも引き継ぐことになる。被相続人(亡くなった人)にマイナスの財産が多い状況で相続すると、そ…
2023.07.30 15:00
マネーポストWEB
株の贈与タイミング次第で相続税を抑えることも(イメージ)
【株式の生前贈与のタイミング】株価は日々変動、急騰局面で贈与すると節税のチャンスも
 親が亡くなった際には、相続人となる子らが遺産を相続するが、現預金や不動産の他に「株式」が含まれるケースもある。得する手続きのポイントを知っているか否かで、税金の額に大きな違いが生じることがある。値…
2023.07.27 16:00
週刊ポスト
おひとりさまの死後に起こりがちなトラブルや、その対策は?(写真:イメージマート)
【トラブル続出】「おひとりさま」が亡くなると親族に大きな負担も 事後処理に備える「死後事務委任契約」とは
 終活ですべきことはさまざまだ。なかでも“おひとりさま”にとって重要なのは「自分ではできないこと」を“誰か”に頼んでおくことだ。 生前であれば、体が動かなくなったときの財産の管理や、判断能力がなくなった…
2023.07.25 15:00
マネーポストWEB
お墓参りに行く習慣がない人が増えている(イメージ)
3人に1人はお墓参りの習慣がない時代に “お墓参り離れ”した人たちの本音と先祖供養への想い
 お墓参りに行く習慣が薄れている――。株式会社プラネットが7月に発表した「お墓参りに関する意識調査」によると、「お墓参りに行く習慣はない」と回答した人は36%。3人に1人以上、お墓参りの習慣がないことになる…
2023.07.24 16:00
マネーポストWEB
おひとりさまの老後に備えておくべきことは?(写真:イメージマート)
【おひとりさまの老後】“できなくなることが増えていく”リスクに備える3つの契約「見守り契約」「任意代理契約」「任意後見契約」
「亡くなったとき、お葬式やお墓はどうしよう」。そんな心配をしている“おひとりさま”は少なくないだろう。実際、永代供養の墓の生前予約が注目を集めているとも聞く。しかし、相続・終活コンサルタントで相続専門…
2023.07.24 15:00
マネーポストWEB
贈与する上場株式の評価額は4通り
【株の相続】評価額の計算方法は4通りで「最も安いもの」を採用する “譲渡益の税金”には注意
 親が亡くなった際には、相続人となる子らが遺産を相続するが、現預金や不動産の他に「株式」が含まれるケースもある。株を相続する場合の手続きはどのようなものか。賢く相続するために知っておきたい基礎知識を…
2023.07.20 16:00
週刊ポスト
家の中にヒントがある?(イメージ)
【相続問題】「親が株をやっていたはずだが、証券会社がわからない」そんな時はどうすべき?「ヒントは家の中に」
 親が亡くなった際には、相続人となる子らが遺産を相続するが、現預金や不動産の他に「株式」が含まれるケースもある。相続の手続きでは、遺言書の有無や遺産内容の調査、相続人の確定などを進めたうえで、遺言書…
2023.07.19 16:00
週刊ポスト
安倍昭恵さんの「晋三記念館」建設構想とは(写真/共同通信社)
安倍昭恵さん「晋ちゃんが生きた証を残したい」と遺産5億円を注ぎ込み「晋三記念館」建設構想、地元からは懸念の声
 永田町で大きな存在感を誇っていた安倍晋三元首相(享年67)が凶弾に倒れてから、はや1年。7月8日、その安倍氏の一周忌法要が東京・港区の増上寺で営まれる。夫を亡くした昭恵さん(61才)にとっても、まさに激動…
2023.07.08 07:00
女性セブン
すべてを税理士に任せきりにすれば大丈夫、というわけではない(イメージ)
「税理士に任せておけば安心」ではない 苦労した相続税申告がやり直しになる「相続人以外への保険金」「タンス預金」発覚に注意
「ようやく相続税申告ができた」という安堵していたものの、思わぬことで相続税申告がやり直しになってしまう人も少なくない。なかには、税理士に依頼していたにも関わらず、修正申告をすることになるケースもある…
2023.07.07 19:00
マネーポストWEB
夫を亡くした安倍昭恵さんにとっても激動の1年だった
安倍昭恵さん、安倍元首相の一周忌法要をめぐりドタバタ 大物議員に案内状送らず、自民党関係者冷や汗
 首相退任後も、永田町で大きな存在感を誇っていた安倍晋三元首相(享年67)が凶弾に倒れてから、はや1年。7月8日、その安倍氏の一周忌法要が東京・港区の増上寺で営まれる。夫を亡くした昭恵さん(61才)にとって…
2023.07.07 07:00
女性セブン
2024年1月からこう変わる!生前贈与「2つの課税制度」
「暦年贈与」の大改正で生前贈与の課税強化が着々と進む  節税の基本は「孫への贈与」に
「相続の大激変」が続いている。なかでも注目したいのが、これまで相続税対策の王道とされてきた「暦年贈与」の大改正だ。 相続税額は亡くなった人の遺産総額などによって変わるが、計算にあたっては基礎控除(300…
2023.07.01 15:00
週刊ポスト
来年4月からの「相続登記の義務化」にどう対応する?(イメージ)
不動産「相続登記の義務化」で多額の費用がかかるケースも 「過料10万円を払ったほうが安上がり」の考えには注意が必要
「相続の大激変」が続いている。なかでも注目を集めているのが、来年4月からの「不動産の相続登記の義務化」だ。新制度の内容や影響、正しい対策まで、専門家が疑問に答えていく──。Q.どんな新ルール? これまで、…
2023.06.30 16:00
週刊ポスト
相続財産が把握できなければ、相続人は苦労するばかり(イメージ)
疎遠だった父の相続「株やゴルフ会員権は?」「借金は?」質問に何も答えられなかった30代男性を救ったエンディングノート
 老後資金が目減りしないように、現預金や不動産、株式、生命保険など、さまざまな財産に分散して備えている高齢者も多いかもしれない。リスクを分散することで老後を安心して過ごせる一方で、相続が発生したとき…
2023.06.09 07:00
マネーポストWEB
関係者が納得する墓じまいを行うには、どのような点に気をつければよいか(写真:イメージマート)
【実例紹介】墓じまいの悩みやトラブル 「寺から高額の離檀料を請求された」「親が散骨希望だが子供は反対」をどう解決するか
 少子高齢化や都市への一極集中といった社会背景に加え、供養に対する価値観の変化もあって、「墓じまい」をする人が増えている。厚生労働省の「衛生行政報告例」によると、2021年、お墓を整理する「改葬」は11万8…
2023.06.08 16:00
マネーポストWEB
墓じまいや改葬を考える場合、具体的にどのように進めればよいのか(写真:イメージマート)
【詳細解説】「墓じまい」の具体的手順と費用 墓地の管理者に相談、石材店への見積もり、法的手続きなど
「故郷にある両親のお墓になかなかお参りができない」「お墓の維持管理を子どもにさせるのは申し訳ない」「自分が死んだら、お墓を継ぐ人がいない」──。こうした思いから、「墓じまい」をする人が増えている。「わ…
2023.06.05 15:00
マネーポストWEB
認知症になっても安心な「遺言書」の進め方6か条
「認知症の親」に“自分に有利な遺言書”を書かせる相続トラブル 回避するためにすべきこととは
 遺産分割をスムーズにすることなどを目的に作成される「遺言書」は、一般的には「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」の2種類がある。被相続人が自筆で作成する前者に対し、後者は公証役場で公証人と2人の証人が立…
2023.05.23 16:00
週刊ポスト
「デジタル遺言」で何が変わるか(イメージ)
政府が検討中の「デジタル遺言」制度への期待 「様式の不備」による無効を防止、法的効力のある遺言書作成が簡単に
〈「デジタル遺言」制度創設へ〉──5月6日、日本経済新聞は一面トップで〈政府は法的効力がある遺言書をインターネット上で作成・保管できる制度の創設を調整する〉と報じた。 現行の署名・押印に代わる本人確認手…
2023.05.22 16:00
週刊ポスト
安倍晋三氏(左)の遺産相続はどう決着したのか。遺された昭恵夫人(右)はどうなるのか(写真/共同通信社)
安倍晋三氏の遺産相続に最終結論 政治団体と下関の邸宅は昭恵夫人に、渋谷の豪邸の行方は
 安倍晋三・元首相の一周忌(7月8日)が近づくなか、安倍家では遺産相続の手続きが着々と進められていた。華麗なる政治家一族の莫大な遺産は、どのように分配されることになったのか──。「思い出の別荘」は義兄に…
2023.05.15 17:00
週刊ポスト
昭恵夫人はいずれ、東京から拠点を移すつもりなのだろうか(時事通信フォト)
安倍元首相の下関の邸宅を相続した昭恵夫人、いずれは移住? 当面は東京との二重生活か
 安倍晋三・元首相の一周忌(7月8日)が近づくなか、安倍家では遺産相続の手続きが着々と進められていた。まず下関市の高台に建つ時価2億円ともいわれる邸宅(敷地約1000坪、延床面積約633平米)と安倍家代々の墓…
2023.05.15 16:59
週刊ポスト
「相続した不要な土地を国に渡せる」新制度をどう活用するか(写真:イメージマート)
「相続した不要な土地を国に渡せる」画期的新制度がスタート “負動産と縁を切れる人”の条件とは
 4月27日にスタートした、“相続の新制度”が注目を集めている。相続した不要な土地を国に引き取ってもらえる「相続土地国庫帰属制度」だ。 制度ができた背景には“所有者不明土地問題”がある。相続した人が登記しな…
2023.05.14 07:00
週刊ポスト

注目TOPIC

フィスコ経済ニュース