相続・終活

相続・終活に関する記事一覧です。遺産の分割方法、相続税対策から、遺言の書き方、墓・葬式の準備方法まで幅広く紹介。体験談も豊富に掲載しています。

「相続した不要な土地を国に渡せる」新制度をどう活用するか(写真:イメージマート)
「相続した不要な土地を国に渡せる」画期的新制度がスタート “負動産と縁を切れる人”の条件とは
 4月27日にスタートした、“相続の新制度”が注目を集めている。相続した不要な土地を国に引き取ってもらえる「相続土地国庫帰属制度」だ。 制度ができた背景には“所有者不明土地問題”がある。相続した人が登記しな…
2023.05.14 07:00
週刊ポスト
「夫名義の不動産や預貯金」の贈与には落とし穴も(イメージ)
女性のための相続税対策、夫名義の不動産や預貯金の贈与で知っておきたいこと 「名義預金」扱いには要注意
 平均寿命で考えると、女性は男性よりも6年は長生きする。夫の財産を相続する可能性が高い妻は、刻一刻と変化する相続ルールを把握し、いまのうちに、夫より先に準備しておくべきなのだ。たとえば夫や義両親からの…
2023.05.10 16:00
女性セブン
相続税対策で注意すべき点は?(イメージ)
妻が気をつけるべき将来のための相続税対策 「義両親から夫への相続」に注意、「特別寄与料」には高いハードル
 一筋縄でいかないのが「相続」だ。事前に準備をしていないと、思わぬ相続税が発生したり、親戚同士のトラブルに発展したりすることもありうる。特に、妻の場合は、「夫の両親からの相続」に気をつける必要がある…
2023.05.09 15:00
女性セブン
相続した不動産の登記を行わないと、どのようなことが起こるのか(写真:イメージマート)
不動産の相続登記をしないとこんなに損をする!「10万円以下の過料」以外にも数々のデメリット
 いま、相続に関する不動産のルールが大きく変わろうとしている。ひとつが4月27日にスタートした「相続土地国庫帰属制度」。そしてもうひとつが、来年4月からの「相続登記の申請の義務化」だ。これまで任意だった…
2023.05.08 16:00
マネーポストWEB
親が元気なうちに「資産のリストアップ」を進めておきたい(イメージ)
預貯金、保険、ローンは? 親が元気なうちにやっておきたい「資産のリストアップ」のポイント
 相続には亡くなった人の出生から死亡するまでのすべての戸籍謄本、除籍謄本が必要となる。相続手続きが複数ある場合、書類の出し直しの時間と手間がかかるが、その手続きの負担を減らすために2017年にスタートし…
2023.05.08 15:00
女性セブン
親が元気なうちに「名義変更」の検討を(イメージ。写真/AFLO)
有価証券や自動車などの「名義変更」は生前のほうが手続き簡単、遺産分割協議のトラブル回避のメリットも
 財産を受け継いでいくなかで、必要となるのが不動産や預貯金などの「名義変更」だ。適切なタイミングでやらないと、思わぬ手間がかかってしまうケースも少なくない。たとえば亡くなった人の銀行口座は凍結されて…
2023.05.07 15:00
週刊ポスト
「預貯金の名義変更」は贈与と相続で何が違う?(イメージ。写真/AFLO)
「預貯金の名義変更」は生前のほうが楽 最大のポイントは「贈与」とするか「相続」とするか
 財産を受け継いでいくなかで、必要となるのが不動産や預貯金の「名義変更」。生前か死後か、そのタイミング次第で有利不利が発生する。預貯金を子が受け継ぐ場合は、「死後の名義変更に手間がかかる」という特徴…
2023.05.06 15:00
週刊ポスト
相続手続きの負担を1枚の証明書で簡略化 知っておきたい「法定相続情報一覧図」の作り方
相続手続きの負担を1枚の証明書で簡略化 知っておきたい「法定相続情報一覧図」の作り方
 相続手続きを簡略化するにはどうすればよいか──。相続に際しては、亡くなった人の出生から死亡するまでのすべての戸籍謄本、除籍謄本が必要だ。たとえば、銀行での現金払い戻し手続きでは、これらの戸籍書類一式…
2023.05.06 07:00
女性セブン
新制度は“負動産”に悩まされる人の心強い味方となるのか?(写真:イメージマート)
「原野商法」被害者の子供の救済につながるのか? 新制度「相続土地国庫帰属制度」の落とし穴を識者が指摘
 親から土地を相続したものの、使い途がないし、維持管理コストばかりがかかる……そんな悩みを抱える人にとって、助けとなりそうな制度が4月27日からスタートした。「相続土地国庫帰属制度」という、相続した不要な…
2023.05.05 16:00
マネーポストWEB
来年4月からの「相続登記の義務化」にどう対応する?(イメージ)
「不動産の名義変更」で知っておくべき基本制度 親から子への生前贈与のメリットは限定的
 自らの財産は配偶者や子、時には孫へと受け継がれていく。そうしたなかで必要となるのが不動産や預貯金の「名義変更」だ。どのタイミングで、どう進めればいいのか。選択を誤ると、多大な手間と負担が生じること…
2023.05.04 16:00
週刊ポスト
4月27日から始まった「相続土地国庫帰属制度」とは、どのような制度なのか(写真:イメージマート)
相続放棄せずとも土地を手放せる「相続土地国庫帰属制度」を専門弁護士が解説 「境界線のわからない山でも諦める必要はない」
 4月27日から「相続土地国庫帰属制度」の運用がスタートした。これは、一定の要件を満たせば「土地を手放して国庫に帰属させることを可能とする」という制度だ。「農業などやる気もないのに、田畑を相続してしまい…
2023.05.02 15:00
マネーポストWEB
早めの準備がトラブル回避につながる(イメージ)
夫に先立たれた時のために…妻が進めておくべき相続の準備「夫の財産を把握」「葬儀代も引き出しておく」
 実は2023年は「相続税」に関するルールが激変する1年。特に大きな変更点は、この4月1日以降に発生する相続は「特別受益」と「寄与分」を主張できる期間が、相続開始から10年に限定されたことだ。円満相続税理士法…
2023.05.01 15:00
女性セブン
老後資金を残しすぎていると相続トラブルも(イメージ)
中途半端にお金を残すと相続する子供たちを困らせる 賢く生前贈与するポイント
 老後資金が足りなくなることを心配している高齢者は多いかもしれない。だが、貯蓄が目減りしないよう生活を切り詰めて暮らすよりも、生きているうちにお金を使い切るというのも、ひとつの選択肢だろう。当たり前…
2023.04.30 16:00
女性セブン
自分の甥たち、夫の姪たちに同等に相続できるのか(イラスト/大野文彰)
夫の遺産を相続した妻の悩み 自分の死後、夫の姪と自分の甥へ同等に相続することは可能か
 何かと揉めがちな遺産相続。子供がおらず、姪や甥に相続したい場合、その配分はどうなるのだろうか。弁護士の竹下正己氏が実際の相談に回答する形で解説する。【相談】 数年前に夫が亡くなりましたが、私たちに…
2023.04.22 19:00
女性セブン
介護をしてくれた長男に自宅と預貯金の半分を相続させるつもりが…(イメージ)
【思い通りにいかない相続】母の「兄に自宅を生前贈与、預貯金は兄弟で等分を」の目論見を一蹴した弟の“奥の手”
 親から子へと財産が受け継がれていく際に、主に2つのやり方がある。ひとつは親が生きているうちの「贈与」であり、もうひとつは親が亡くなった後の「相続」だ。預貯金や不動産、有価証券など資産の種類や、家族が…
2023.04.21 16:00
マネーポストWEB
「生前会議」の進め方
何を用意して、誰を呼び、何を話す? 相続トラブルを未然に防ぐ「生前会議」マニュアル
 相続を巡る家族のもめごとは誰にでも起こりうる。財産が少なくても、しっかりと遺言書を準備していても、家族間で合意形成ができていなければ、わだかまりが残りかねない。望ましいのは問題が複雑化する前に、家…
2023.04.17 16:00
週刊ポスト
家の相続でもめるのはどんなケースか
相続で最ももめやすいのは「財産が実家のみ」のケース 解体費に1000万円かかる“負動産”リスクも
 相続を巡る家族のもめごとは誰にでも起こりうる。ウチは財産が少なく家族仲もいいから相続でもめるはずがない──そう思っている人でも注意が必要だ。タックス・アイズ代表社員で税理士の五十嵐明彦氏が指摘する。…
2023.04.16 16:00
週刊ポスト
相続税対策が裏目に出るケースも
相続対策で節税したつもりが大損に!「おしどり贈与」「名義預金」の落とし穴
 相続税対策の“王道”とされる家族への贈与が、時として失敗に終わることがある。相続に詳しい税理士の山本宏氏が言う。「年間110万円の非課税枠を利用した暦年贈与は相続財産圧縮で大きな効果があります。しかし、…
2023.04.07 15:00
週刊ポスト
家・不動産の相続「得する制度7選」
不動産の相続税対策で最も有効とされる「小規模宅地等の特例」 土地の相続税評価額を80%減額
「預貯金も少ない自分には、相続税は関係ない」──。そう考えていても、自宅などの不動産を所有する場合、路線価上昇や周辺開発の影響などにより、いつの間にか評価額が高騰し、相続税が課される水準になっているケ…
2023.04.04 07:00
週刊ポスト
不動産の相続で知っておきたい制度・特例の数々を紹介(イメージ)
不動産の相続税を安くする制度・特例の数々 一定の条件満たせば「空き家特例」で最大3000万円控除も
 自分には、相続税は関係ないと考えていても、自宅などの不動産を所有する場合、路線価上昇や周辺開発の影響などにより、いつの間にか評価額が高騰し、相続税が課される水準になっているケースがある。 不動産価…
2023.04.03 15:00
週刊ポスト

注目TOPIC

フィスコ経済ニュース