マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

アメリカは過去の失敗を繰り返すのか トランプ大統領と今後の為替相場

2017年3月21日 19:00

相場の大きな流れを作るのは「投資家勢」

 相場が一方向に動くためには、既に申し上げたように、一方向のフローが必要です。これは、いくら投機筋が頑張ってみても、一方向のフローを継続的に作ることはできません。

 なぜなら、投機筋の宿命は「買ったら、利食いか損切りのために売らなくてはならない」もしくは「売ったら、利食いか損切りのために買わなくてはならない」からです。

 つまり、長くはポジションを持てません。

 トレンド相場を形成するには、投資家という一方向へ資金を移動させる存在が必要です。これも既に申し上げましたように、投資家は“お堅い人”たちですので、簡単には投資判断を下しません。半年近くの時間をかけた上で、結論を出すのがほとんどのように思えます。

 その代り、いったん結論が出ると怒涛の勢いで、資金を一方向に動かしますので、動き出すと早いと言えます。

本当のトランプ相場がやってくるのはいつ?

 現状を振り返ってみると、トランプ氏は1月20日に大統領に就任しました。この日をもって、投資家のトランプ大統領・ウォッチングが始まり、過去の傾向から彼らが動き出すのは「半年近く」と想定すると、2017年の7月から8月ぐらいまで。

 それに加えて投資家の夏休みも考えると、本格的に動き出すのは9月になってからではないかと思われます。

「FX」関連記事

少額・簡単にFX自動売買を始められる「トライオートFX」を紹介
低コストで取引できるFX会社を徹底比較!

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。