マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ETF

つみたてNISAの導入が正式決定! イデコとはどう使い分ける?

2017年6月14日 12:00

 積立NISAが2018年に導入することが正式に決まった。現在のNISAとはどう違うのか、同様に非課税投資ができるイデコとはどう使い分けるのかを検証した。

イデコと積立NISAのメリットをそれぞれ紹介 (写真:ペイレスイメージズ)

イデコと積立NISAのメリットをそれぞれ紹介
(写真:ペイレスイメージズ)

現在のNISAと積立NISAは選択制

 この3月に「所得税法等の一部を改正する等の法律案」が成立し、2018年から積立NISAが導入されることが正式に決定した。これまでも金融機関によって、NISAで積立は可能だったが、積立NISAの導入によって、非課税による積立投資がより実践しやすくなる。

 現在のNISAとの大きな違いは、非課税の限度額と適用期間だ。現在のNISAでは、非課税投資の限度額は年間120万円、適用期間は最長5年間だ。一方で積立NISAの場合には、非課税限度額は年間40万円で適用期間は最長20年間となる。

 非課税投資を少額からでも利用できるようにするために、1年間の非課税限度額を引き下げるとともに、非課税の期間を伸ばしたわけだ。

 これにより、非課税投資の累計額は、現在のNISAが120万円×5年間=600万円であるのに対し、積立NISAは40万円×20年間=800万円となる。トータルの非課税枠は積立NISAの方が200万円大きくなる。

money-post2017-06-48-2+

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。