マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

中川淳一郎のビールと仕事がある幸せ

「あの人と一緒に仕事をしたい!」と長年重宝される秘訣

2017年7月8日 16:00

 素晴らしき発注主については、某ネットメディア企業のA氏です。同氏は元々、上司から私をあてがわれたところから付き合いが始まりました。当時32歳だった私よりも4歳若い28歳でした。5月の初夏の時期に会ったのですが、私は暑かったため、短パン・サンダル・TシャツでA氏に会いに行きました。A氏の下には部下が1人。最初の打ち合わせの時、正直「けったいなヤツだな」と思ったそうですね。そりゃそうですよ。編集担当として外部から来た人間が短パン穿いてるんですよ!

 そして、その2人と私とで仕事は開始しました。記事を出し続ける必要があったため、こちらの側もライターを拡充していきましたが、A氏は「中川さんが誰を雇おうが気にしませんので、すべてブラックボックスにしておいて構いませんよ。ただし、問題のある記事は極力出さないでくださいね(笑)」と言ってくれました。

 こちらとしても、発注主が信用してくれているからには、なんとか良い結果を出さなくてはならない。となれば、こちらが外注するライターもキチンとした人物であらねばならない。そこで様々なツテを辿って発注したのがB氏とC氏です。B氏は私と同年齢で、C氏は私の2歳年下です。IT会社系のメディアで書くという、当時はあまりメジャーでない仕事であり、彼らも本来雑誌やカタログを中心としたライターです。

 色々とネットの場合は制約があるんですよね。誰もが見られるだけに、批判を少しでも書けばエゴサーチによりクレームが寄せられる。事実誤認がなくとも、「こんなことをネットに書きやがって!」ということで激怒する人が出てくる。B氏とC氏からすると「なんでこんなに制約があるメディアでオレはライターをするの?」と思ったことでしょう。

 アングラ雑誌で好き放題書く分においては、黙認されていたものが、ネットメディアではもはや黙認できるレベルではなくなってしまったのです。となれば、運営元のA氏と私は各所に謝罪に出向くことになりますが、A氏は謝罪が終わったら「はぁ…、無事解決できましたね…。飲みますか…」と二人反省会に誘ってくれます。正直謝罪というものは、精神衛生上、もっともよくないものです。誰か味方がいてほしい! そう思うことばかりなわけで、実際に謝罪した後は、A氏と私と2人で傷を舐め合い「注意深く記事作りましょうね……」と確認し合うのでした。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。