マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

同じ収入でも老後不安に陥る人とそうでない人の違い

2018年1月1日 16:00

 それよりも月々決まって支払わなくてはならない「固定費」こそ見直す余地があります。まず生涯で最も大きな出費となる自宅。住宅ローンの見直しはもちろん、どうしても老後不安がつきまとうという方は、過分にいい家に住んでいないかどうかを考える。そのうえで場合によっては思い切って手放して転居するという手もあります。最近は見直す余地が減りつつありますが、保険の見直しもまだ一度も行なっていない人には効果的でしょう。

 それから自動車。子どもが独立などした世帯では本当にいままでの大きさの車が必要かどうか検討してみる。燃料代や維持費がかかりますから、ほとんど夫婦2人でしか乗らないようならダウングレードも考えてみる。あまり使わないようなら手放す選択肢もあると思います。

 あるいは子どもの教育費も、もはや“聖域”ではありません。子どもの将来を真剣に考えて、それに見合った教育費になっているかを見直す。ただお金をつぎ込めば子どもは立派に成長するわけでもなく、本当に必要な塾なのか、中学から大学まですべて私立に通わせる必要があるのかなど、見直すポイントはいくつもあると思います。

 この先、悠々自適な老後はどんどん幻想になっていくでしょう。特に60歳以降はどうしても現役時代より収入は減りますから、その時に備えておかないといけません。ましてやそこからの人生は思ったよりも長いものです。

 老後の生活費についていまのうちから取り組んでおいて早すぎることは決してありません。なかでも固定費を削ることはなにかと手間がかかりそうですが、いったん減らしてしまえば、その効果は長続きします。一見、減らしにくいものから削って、なるべく増やさないように心がける。それが老後不安の解消に近づける大きな一歩につながるはずです。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。