トレンド

赤福、信玄餅、長崎カステラ… 本家・元祖争いの言い分

山梨「信玄餅」と「桔梗信玄餅」は別モノ

「信玄餅」と「桔梗屋信玄餅」の間では10年以上、訴訟が続いた

 山梨土産で有名な「信玄餅」。明治35年創業の「金精軒」が製造販売する「信玄餅」(1974年に商標登録)と、「桔梗屋」の「桔梗信玄餅」(同1975年)の間には複雑な歴史がある。

「桔梗屋」先代社長の中丸眞治氏がいう。

「弊社が桔梗信玄餅を開発したのは1968年。当時はこの形状のお菓子はなかったので、『信玄餅』として商標登録しようとしたら、金精軒が登録していた『信玄最中』と似ているとして、出願が認められなかった。そこで、『桔梗信玄餅』で出願した。桔梗信玄餅がヒットすると、金精軒が類似商品を出し、『信玄餅』で商標登録した」

 両社の間には、10年以上にわたって類似菓子として販売禁止・商標権侵害などの訴訟が行なわれたが、1980年に和解している。金精軒は「コメントは差し控える」(広報部)とした。

長崎カステラ「元祖より古い本家」がある!?

カステラの「元祖」「本家」は?

 元祖や本家といえば、長崎で「カステラ元祖」を名乗るのは、1681年創業の「松翁軒」。一方、「カステラ本家」を名乗る「福砂屋」は1624年創業。

“元祖より古い店”があるのは言葉としては明らかな矛盾である。その理由を尋ねたが、両者とも回答を断わるのみだった。

※週刊ポスト2018年6月29日号

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。