マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

大手広告代理店にコネ入社した社長息子のトンデモ就職活動

2018年6月22日 16:00 マネーポストWEB

 ところが、これでOさんがスムーズに就職したかといえば大間違い。ここまでお膳立てしてもらったのに、またまたやらかしてしまう。

「彼はすでに1回留年していて、当時“5年生”だったのですが、1・2年生が受ける一般教養や、必修の語学などの単位をゴッソリ落として、卒業できませんでした。留年すれば、内定は取り消しになるのが普通です。そこで彼は一計を案じ、『就職する前に、一度海外を見ておきたい』という絶妙な言い訳をひねり出しました。実際は、単位が足りなくて留年しただけなのに、“海外で見聞を深めるために大学に残った”という形にしたのです」

 父親はこの言い訳にまんまと騙され、広告代理店に「1年待ってくれ」と指示。代理店にしてみれば、大事なクライアントのご子息だ。大学6年生になったOさんは、もう1度形だけの面接を受け、翌年改めて代理店に就職することになった。しかし、新入社員研修でもその態度が改まることはなかったという。同期入社の男性が語る。

「彼は研修で遅刻を連発し、さすがに怒鳴りつけられましたが、その後も研修レポートを出さない、車通勤は禁止なのに自家用車で出勤するなど、問題行動を連発。とても外には出せないため、毒にも薬にもならない部署に配属されました」

 同期からは、「会社ってもっと大変なものだと思っていたけど、あいつを見て“こんなんでいいんだ”と思った……」という声が漏れる始末。ちなみに前出の同期男性によれば、Oさんは今後父親の会社に戻る気はなさそうとのことだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。