ライフ

飲み会の会話も録音される時代に 普通の男性4人の後悔

録音している側に悪意がなくても…

 さらに厄介なのは、録音している側に悪意はないのに問題に発展するケースだ。雇用延長で働くC氏(63)は、こう話す。

「若手社員の相談を聞くための飲み会で、部長のパワハラの話が出たんです。内心“若い連中はまだまだ甘いな”と思ったものの“アイツは昔から荒っぽい言い方しかできないし、直らんのだよ”とほどほどに同調しておいた。

 そうしたら後に彼らがパワハラ相談室に訴えた際に、“Cさんもパワハラだと認識してくれていました”と私の音声まで資料として提出していた。若手の1人が、貴重な話が聞けても酔うと忘れるからと、律儀に録音していたようなんです。そんなヤツがいると思わないじゃないですか。こちらは定年後の身だから社内のゴタゴタに関わりたくないのに」

 自営業のDさん(55)も、こんな目に遭ったという。

「商工会の会合で2次会のカラオケが盛り上がって、私も30代女性とノリノリでアドリブを交えながらデュエットしたんです。そしたら後日、妻に“あなた、商工会でずいぶん調子に乗っていたのね”と嫌味を言われたんです。若手メンバーが動画を撮影していて、それをSNSに〈Dさん、上手~い〉と載せたのが拡散されて、妻の目にとまった」

 ネットに投稿した人に悪気がないため、Dさんは誰にも文句を言えず妻の嫌味に耐えるしかなかった。上智大学の碓井広義教授(メディア文化論)はいう。

「多くの人が高性能カメラとICレコーダーを兼ね備えたスマホという記録ツールを常時携帯して使いこなすのが当たり前になっています。とりわけ若い世代はSNSで日常の出来事を発信することに慣れているので、“そんなものも!?”と驚くようなことも記録しています。不用意な発言は注意しないといけませんし、酒の席では常に“録音されているかもしれない”と意識するのがちょうどいいくらいかもしれません」

 とても酔えそうにない。

※週刊ポスト2018年7月6日号

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。