マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

パチスロ好き男性、「1日2万円まで」のルールが裏目に出る理由

2018年9月18日 16:00

計算上、勝つ可能性はゼロではないが…

 1日に数万円負けたり、1週間で10万円負けたりするのも珍しくないというヤマモトさん。一体どういう感覚でパチスロを打っているのだろうか。

「一応、自分の中でルールはあります。仕事帰りに夜から打つ場合は、“2万円まで”を目安に打って、2万円でダメそうなら帰るようにしています。休日に朝から打つ場合は財布の中に7万円入れて、それがなくならないように打っています」(ヤマモトさん)

 この「夜から打つ場合は2万円まで」というルールは収支にどんな影響をもたらすのか。パチスロに詳しいジャーナリストはこう話す。

「理論的にはパチスロは1時間で878ゲームほど回せると言われていますが、実質的には800ゲームくらいでしょう。そして、最近の機種で最も出玉速度が速いもので、1ゲームあたりの最大増加枚数は2.8枚程度。単純計算すると1時間にマックス2200枚くらい増えるということですね。換金すると4万4000円相当で、1時間あればこれだけプラスになる可能性があるということです。

 そういう意味では、閉店時間が22時45分として、21時45分の時点で4万円負けていても、閉店までに取り戻せる可能性はある。19時くらいから2万円の投資を上限に打っても、勝つ可能性はゼロではない計算になります。

 しかし、最近のパチスロで一気に1000枚とか2000枚を獲得するなどということは、なかなか難しい。朝から晩まで打っていれば、1日に1回くらいはそういうチャンスもあるかもしれませんが、夜から打って数時間でそれを狙うというのは、流石に無茶。“2万円を上限”と設定していても、それはほぼ完全に“負け覚悟”という遊び方だと思います。むしろ、確実に2万円ずつ毎日負けていくことになるでしょう」

 実際にヤマモトさんも“負け覚悟”という感覚があるようだ。

「自分内のルールをなんとなく決めておかないと、閉店までいくらでも使ってしまう。“夜から打つなら2万円まで”ということにしていますが、2万円負けなら気にならないというか、“仕方ないかな……”という感覚はあります。ただ、夜から打った場合は、プラスになったらできるだけすぐにやめて、それ以上は打たないようにはしています。たまに勝てるときはできるだけ勝ち逃げをするというか。でも、結局トータル的には負けてばかりではありますが……」(ヤマモトさん)

 際限なく負けるよりは“2万円まで”のほうがマシだということだが、2万円ずつ確実に負けてしまう可能性が高いというのが現実か。ギャンブル依存から抜け出す方法として、「使う金額を設定する」という対策法は必ずしも効果的ではないのかもしれない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方なども紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。