マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

大発会で上がりやすい株 2019年は「キャッシュレス化」がカギか

2018年12月15日 20:00 週刊ポスト

 マーケットバンク代表の岡山憲史氏は、過去の大発会の実績から分析する。

「2016年から2018年までの大発会で上昇した銘柄トップ10を振り返ると、その年に“流行する事業”が先取りで人気を集めていた。

 例えば、2016年年初時点で『フィンテック(ITを駆使した金融サービス)』という言葉はニュースでは話題になりつつあったものの、企業ビジネスとして具体的にイメージできる状況ではなかった。それでも同年の大発会ではトレイダーズホールディングス、さくらインターネットといったフィンテック銘柄が値上がり率トップ10に入った。今年(2018年)は『仮想通貨』が人気を集め、ソルクシーズ、アイスタディといった仮想通貨関連銘柄が上位に入りました。

 2019年の大発会では、消費増税を控えて話題の『キャッシュレス化』がキーワードになると思う。決済サポートを手掛けるビリングシステム(3623)やフライトホールディングス(3753)などは、年始に大きく上昇する“お年玉銘柄”になり得るのでは」

 ただし、「キャッシュレス化はすでに政府が重要政策として喧伝しているため、来年の大発会を待たずに、大納会の時点で上昇がピークに達している可能性もある」(同前)という。

年末年始に期待したい“お年玉株”
年末年始に期待したい“お年玉株”

※週刊ポスト2018年12月21日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。